気になる体臭の原因となる食べ物とは?体臭の抑え方
気になる体臭の原因となる食べ物とは?体臭の抑え方

気になる体臭の原因となる食べ物とは?体臭の抑え方

消臭剤や制汗剤がドラッグストアにたくさん並んでいることからも、それだけ現代社会はニオイに敏感と言えます。食生活の影響は見た目だけではありません。体臭にも影響を及ぼしてしまうのです。ここでは、体臭の原因となる食べ物をご紹介しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

現代社会はニオイに敏感

消臭剤や制汗剤がドラッグストアにたくさん並んでいることからも、それだけ現代社会はニオイに敏感と言えます。

体質的にもともと体臭が強い人もいますが、生活習慣が原因で体臭が生じることも少なくありません。

食生活は肌に表れ、例えば極端なダイエットなどで必要な栄養素が入ってこないと、肌がカサカサになったり、脂っこいものばかり食べていると、皮脂の分泌が過剰になってニキビが増えたり…。

しかし、食生活の影響は見た目だけではありません。

体臭にも影響を及ぼしてしまうのです。ここでは、体臭の原因となる食べ物をご紹介しましょう。

ネギやにんにくなどニオイの強い食べ物

ネギやにんにくなどニオイの強い食べ物を食べると、口臭になって表れますが、体臭の原因にもなります。

これらの食べ物が胃腸で消化・吸収されると血液に乗って全身を巡りますが、血液が汗となる時に、ニオイの成分も汗に混じって排出されてしまうのです。

動物性脂肪や動物性たんぱく質

肉や乳製品などに多く含まれている「動物性脂肪」や「動物性たんぱく質」。

動物性脂肪は、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。

また、皮脂そのものの原料にもなります。過剰な皮脂が酸素と結び付いて酸化すると、ニオイの元になってしまうのです。

肉などカロリーを気にして食べ過ぎないように注意している人も多いのですが、コーヒーショップで生クリームをいれたコーヒーを飲んだり、バターをたっぷり使ったスイーツに目がない人などは、無意識のうちに摂り過ぎている可能性があります。

また、腸内に長くとどまりやすい動物性たんぱく質が、腸内で分解されてアンモニアになり、血液に運ばれて汗に出てくると、ツンとするようなアンモニア臭のある体臭がするようになります。

トウガラシなどの香辛料

トウガラシなど香辛料を使ったエスニック料理などもニオイの強い汗の原因となります。

辛いものを食べると、エクリン腺という無臭の汗を出す汗腺からの汗の分泌が高まりますが、ニオイの強い汗を出すアポクリン腺も刺激されるので、一時的とはいえ、臭いの元となりやすくなります。

揚げ物

揚げものにも注意が必要です。

特に、揚げて時間のたったものや、古い油で揚げているような食べ物を摂ると、体内で活性酸素が大量に発生し、皮脂の酸化を促して体臭につながってしまいます。

ファーストフードやコンビニの菓子パン、スナック菓子などジャンクな食べ物も同様に活性酸素の発生源となってしまうので、なるべく控えるようにしましょう。

もちろんこれらの食べ物を全く食べるなというわけではありません。

肉は良質なたんぱく源ですし、辛いものも冷えがちな女性にとっては体を温めてくれるメリットもあります。

忙しく時間のない時は、ファーストフードで済ませることもあるでしょう。

要は、偏った食べ方をせず、バランス良く食生活を送ることが大切なのです。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks