寝癖の原因って?寝癖がつきやすい髪質とつきにくくする方法とは
寝癖の原因って?寝癖がつきやすい髪質とつきにくくする方法とは

寝癖の原因って?寝癖がつきやすい髪質とつきにくくする方法とは

朝起きたらボサボサの寝ぐせにビックリ!直す時間がないから仕方なくそのまま出勤することに…。ヘアスタイルが決まっていないと、朝から何となくゆううつな気分になってしまいますね。寝ぐせはなぜついてしまうのでしょう?『寝ぐせがつきにくくなる方法』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

寝ぐせの原因の大半は…

寝ぐせの原因の大半は、髪を乾かさないで寝てしまうこと。髪に形がつくのは、湿った髪が乾く瞬間です。

夜に髪を洗った後、髪が十分に乾かないまま寝てしまうと、寝ている間に乱れたままで乾いてしまい、寝ぐせになってしまうのです。

寝ぐせが付きやすい髪質

頭にかいた寝汗が寝ぐせの原因になることも。また、髪と接触する枕カバーが摩擦を起こしやすい素材だと寝ぐせがつきやすくなります。

髪質によっても、寝ぐせが付きやすい人とそうでない人がいます。くせ毛で髪が太い人は、寝ぐせがつきやすいと言えます。

しっかり乾かす

寝ぐせを防ぐためには、髪をしっかり乾かしてから寝ることが大切。

タオルドライをしたあとは、ドライヤーで頭皮から毛先まで十分に乾かしましょう。髪が濡れた状態のまま枕とこすれると、髪のダメージにもつながります。

枕カバーは、コットンやシルクなど摩擦を起こしにくい素材のものにすると、ある程度寝ぐせを防ぐことができます。枕の端に髪が当たって寝ぐせがつくことがあるので、枕は柔らかめのものがよいでしょう。

帽子やシュシュも利用する

膨らんだ状態で寝ぐせが付く人は、帽子をかぶって寝ると髪のボリュームを抑えることができます。

ニット帽のようなタイプがおススメです。髪のからまりやもつれを防ぐためには、髪を束ねて寝てもよいでしょう。

普通のゴムでは束ねたあとが付きやすくなるので、シュシュなど柔らかい素材のもので束ねるようにします。

仰向け寝だと付きにくい

寝ぐせには、寝相も大きく関係しています。あっち向いたりこっち向いたりと何度も寝がえりを打ったり、動き回ったりすると髪と枕がこすれて寝ぐせがついてしまいます。

寝がえりは無意識のうちに行われているので仕方ありませんが、最初寝る時に仰向けの姿勢でいると、ある程度寝ぐせがつきにくくなります。

横向きで寝る習慣のある人は、仰向けで寝るようにするとよいでしょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks