目が疲れる原因と症状とは?疲れ目解消法やパソコンによる疲れを軽減する方法
目が疲れる原因と症状とは?疲れ目解消法やパソコンによる疲れを軽減する方法
美容 お気に入り

目が疲れる原因と症状とは?疲れ目解消法やパソコンによる疲れを軽減する方法

スマホ、パソコン、ゲームなど目が疲れるのは当然の現代社会。『疲れ目によって起こる症状』や『目の疲れ、充血の解消法』をご紹介します!

Pick up
続きを読む
オススメの動画

目が疲れるのは当然の現代社会

最近、目の疲れを訴える人が増えています。

現代人は非常に目を使う機会が多くなっており、長時間のパソコン作業、読書、テレビやゲームなど疲れ目の要因を挙げだしたらキリがないほど。

目は眠っている時以外はほとんど休みなく働き、毛様体筋という筋肉が常にピント調節を行っているので目が疲れるのは当然と言えます。

目が疲れる原因

目が疲れる原因には、パソコン作業や長時間の運転などで目を酷使した場合、空気の乾燥、紫外線の刺激など環境的な要因が挙げられます。

また、遠視や乱視、老眼などがあり、メガネやコンタクトレンズで矯正をしていない、もしくは矯正が適切でないと、無理にピントを合わせようとして目が疲れやすくなります。

ドライアイや緑内障などの目の病気、低血圧や貧血などの全身性の疾患、精神的ストレス、過労や睡眠不足なども目が疲れる原因となります。

疲れ目によって起こる症状

疲れ目によって起こる目の症状としては、目のかすみや痛み、目の乾き、流涙、目がショボショボする、まぶしくて目があけられないなどです。

また、目が疲れてくると、目に酸素や栄養を運ぼうとして血液循環が高まり、血管が拡張して充血が起こることもあります。

さらに進行すると、目の症状だけではなく、頭痛や肩こり、めまい、吐き気など全身に様々な症状が起こることがあり、これらの症状と目の症状を合わせて「眼精疲労」といいます。

疲れ目を軽減するパソコン使用法

仕事でパソコンを長時間使う人、ついついネットに夢中になってしまう人は、パソコンの利用環境を見直してみましょう。

ディスプレイの明るさは明るすぎず暗すぎず、画面の高さは視線がやや下向きになるように調節し、目とディスプレイの距離は40㎝以上は離すようにします。

椅子に腰かける際には、背もたれに背中を十分当てるようにし、足が床につくようにして深く腰掛けます。

疲れ目解消法

疲れ目を解消するには何よりも目を休めることが大切。

パソコン作業を一時間したら10分は休憩を入れ、目の緊張をほぐす習慣をつけるようにしましょう。

目を閉じたり、窓の遠くの景色をぼーっと眺めたり、眼球をゆっくり上下左右に動かして眼球を支えている筋肉をほぐすエクササイズをしてみても。

約40℃くらいの蒸しタオルによるアイパックも疲れ目には効果的です。

使い捨てのホットアイパックも市販されているので試してみてもよいでしょう。

目が充血している場合は、冷水で冷やしたタオルなどを目に当てて冷却します。

拡張した血管が冷たい刺激で収縮し、充血を改善する効果があります。

疲れ目の症状は、体調や精神状態、環境などからの何らかのシグナルかも知れません。

生活習慣や心身の状態を見つめなおすよいチャンスなのです。

関連する記事

美容ランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks