ぽっこりお腹を解消するための歪みセルフチェックと骨盤体操のやり方
ぽっこりお腹を解消するための歪みセルフチェックと骨盤体操のやり方

ぽっこりお腹を解消するための歪みセルフチェックと骨盤体操のやり方

お腹ポッコリの原因や、骨盤の歪みをチェックして、効果的に痩せましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

お腹ポッコリの原因

ダイエットでよく相談されることはお腹がへこまないという悩みです。他の部分はやせているのにお腹だけがポッコリと出ている、体重は落ちてもお腹だけがへこまない、という人が多いようです。その悩みは年齢とともに増加していると思います。お腹をへこますために腹筋運動をする人が多いようですが、骨盤がゆがんでいたり、骨盤が開いていたりすると腹筋運動だけではお腹をへこますことはできません。まず、骨盤の歪みをとることが大事なのです。

骨盤の歪みチェック

まず骨盤の歪みがあるかどうかをチェックしてみましょう。目をつぶって、その場で50回足踏みをしてみてください。目を開けた時にあなたの身体は、初めの位置からどのように動いてしまいましたか?

右のほうに動いてしまった方

右肩が下がっています。

左のほうに動いてしまった方

左肩が下がっています。

前のほうに動いてしまった方

猫背になって背骨が歪んでいます(前重心型)

後ろのほうに動いてしまった方

猫背になって背骨が歪んでいます(後ろ重心型)

寝ころんで腰回し体操

寝ころんで腰回し体操_1

あおむけに寝て、膝を曲げ、その上に両手をのせます。このとき、腰を床にしっかりつけます。腰を中心にひざを10回、時計回りにまわします。円運動が腰に伝わるように大きく回すのがコツ。反対まわりも 同じように行いましょう。

立ったまま腰回し体操

立ったまま腰回し体操_1

腰を前→右→後ろ→左の順に回します。

立ったまま腰回し体操_2

前ではお腹を丸めるようにしてしっかりと腹筋を使います。左右の時は両足に均等に体重が乗るように注意してください。

立ったまま腰回し体操_3

後ろの時はお尻を突き出すような感じで。これを5回繰り返した後、反対に回します。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks