立ちバックは好きですか?パートナーと感じあえる体勢と動き方のコツ
立ちバックは好きですか?パートナーと感じあえる体勢と動き方のコツ

立ちバックは好きですか?パートナーと感じあえる体勢と動き方のコツ

マンネリ解消目的なのか、パートナーに時折求められる「立ちバック」。応じてはいるけれども、正直なところ苦手意識がある女性も少なからず存在します。ラブリサーチの『立ちバックは好きですか?』では、61.4%の女性が「はい」と回答する一方で、38.5&の女性は「いいえ」と回答しました。

Pick up
続きを読む
公開日:

・ラブタイムについての

Q.【女性に質問】立ちバックは好きですか?

回答時期:2016.12.15〜2017.01.07|117名が回答

はい:75名

いいえ:42名

それはなぜですか?詳しく教えてください

はい

立ちバックは大好き、特に片足を上げた体位は、彼のモノが深く突き刺さるし、結合部分が露わになるので、興奮度が最高に達します。前の壁に両手をついて、お尻を突き出して彼を受け入れます。彼の両手が、私の胸を揉み、乳首をつまむようにされると直ぐにイってしまいます。膣でのの後は、アナルでもう一回します。

後ろから犯されている感が強く、異常に興奮します。立ち仕事中に、後ろからそっと近づかれ、突然スカートをめくられて、ショーツに手を突っ込まれた時、いつもとは違う興奮を覚え、なかからジワっと愛汁が流れ出てきました。挿入後も、太ももからお尻、背中にかけての密着感があり大好きです。感じすぎて、途中で、足腰の力が抜けて立っていられません。

体全体が映る大鏡の前で立ちバックで挿れてもらった時は、いやらしい自分の体が、彼の指で犯されていくのが、はっきりと見えるので、濡れまくりました。そのまま開脚で座り込んで、自分の女性器が丸見えの状態で、指で弄ばれ、潮吹きまくりで、床に大きな水たまりを作ってしまいました。立ちバックに限らず、鏡前でのは超おすすめです。

背中を取られるのが好きなので、立っていても立っていなくてもバックでされるのが好きだし、じゃなくても後ろから抱き締められるのが好き(でも正常位は彼の顔が見えるのでもっと好き…笑)

恥ずかしいけど好き。台所で料理中後ろから抱きしめられ、キスされて、スカートめくられショーツおろされて、後ろからクンニの後立場ックで挿入は気持ちいいし興奮する。動物みたいでヤラシイ。

いいえ

寝ながらならまだ大丈夫ですが、腰痛もちなので立ちバックは厳しいです(^^;

動きや姿勢が難しくて上手く出来ないから。でも彼はバックが好きなので上手に出来るようになりたいです。

体勢を維持するのが大変で疲れるし、集中できない。挿入の深さ、角度のためか彼のものが抜けやすい。

好きだけど、位置が悪いのかすぐに抜けてしまうので、あまりできない

身長差がありすぎて(20cm)お互い無理しないと繋がれないから。

立ちバックへの苦手意識は、「苦手な理由」を明確にすることが、改善への第一歩です。この記事では、感じる立ちバックの体勢や、動き方のポイントをご提案します。この記事を読んだ後のでは、立ちバックに対して積極的に向き合えること間違いなしですよ。

この記事はこんな人におすすめです

  • 「パートナーから「立ちバック」を求められることが多い」
  • 「立ちバックに苦手意識がある」
  • 「苦手な立ちバックを楽しめるようになりたい」

立ちバックのここが気持ちいい

まずは立ちバックに対して、「ワクワク感」を持つためにも、立ちバック大好き派からのコメントをご紹介しましょう。立ちバックの魅力を知り、「リベンジしたい…!」という気持ちを持つところから始めてくださいね。

奥にあたる

・奥まで届くから
・彼のモノが深く突き刺さる

私たち日本人女性は、「下付き」が多いと言われています。下付きとは、膣の位置がお尻側に近いこと。そのため、背後から挿入されるバックスタイルは、男性器がより深いところまで入りやすく、通常の挿入にはない快感が堪能できるのでしょう。

パートナーに支配されている感覚

・無理やりされている感が凄いから好き
・強引な感じが強く、異常に興奮します
・彼本位だから支配されている感じがして好き

ベッドという正式な場で愛し合うのではなく、立ったまま挿入れるって、つまりは「ベッドに移動する時間も惜しいほど狂おしく求められている」ということになりますよね。男性側の性的興奮のまま…かなり強引なシチュエーションで結合する体位です。そのため、征服されているかのような感覚が生じ、相乗効果で女性側の興奮も増すのでしょう。

いつもと違う快感が得られることで、より興奮しやすく、ムードを高められます。

立ちバックのここが苦手!

ここからは、苦手派のコメントです。自分と同じお悩みを抱えている女性の声を聴くことで、どういう部分が苦手意識に繋がっていたのか、明確になっていくことでしょう。

疲れる

・態勢が疲れる
・気持ちいいより疲れる
・体勢を維持するのが大変で疲れるし、集中できない

そりゃそうですよね、通勤電車と一緒です。運良く座れたときと、乗車駅から降車駅までずっと立ちっぱなしのとき…後者のほうが疲れるのは、当たり前。体位とて、立位よりは、ベッドでのラクな姿勢のほうが、疲労も少ないのです。

すぐに抜ける

・挿入の深さ、角度のためか彼のものが抜けやすい
・位置が悪いのかすぐに抜けてしまうので、あまりできない

「日本人女性は下付きが多い」と書きましたが、膣の位置は十人十色。角度によっては、抜けやすい場合もあるでしょう。また、奥を突かれていることと、征服されている感のダブル刺激で、普段よりも愛液の分泌が盛んになっているケースも考えられます。濡れ過ぎて抜けやすい…ぜいたくな悩みかもしれませんね。

立ちバックできたことがない

・立ちバック出来たこと無いから
・立ちバック一回も出来た事がないから

男性側の経験値によっては、なかなかうまくいかないこともあるでしょう。また、身長差があるカップルの場合は、腰の高さを合わせるのが難しいため、成功させるにはひと工夫必要かもしれません。

疲れない!抜けない!立ちバックのコツ

ぼちぼち本題に入りましょう。疲労を感じることなく、かつ抜けづらい立ちバックを行なうためには、どのような工夫を施す必要があるのでしょうか…。

しっかりと掴まることのできる場所を確保する

これまた通勤電車と一緒ですよ。掴まる吊り革があるときと、吊り革に手が届かないときでは、乗り心地が全然違いますよね。立ちバック=壁に手を突くイメージかもしれませんが、壁は平面のため、身体を支えるにはベストとはいえません。テーブルの縁のように、手のひらで掴むことができる場所を確保することで、疲労感はだいぶ軽減されるでしょう。

お尻を掴んでもらう

まずは、お尻をしっかり突き出しましょう。「お尻の穴を見られるのが恥ずかしい…!」という乙女心はごもっとも。ですが、何度も抜けて、気まずい雰囲気になるほうが、よっぽど恥ずかしいです。しっかりとお尻を突き出し、お尻を鷲掴みにしてもらうことで、お互いの腰が固定され、抜けることも少ないでしょう。

身長差カップルはピンヒールを履く

身長差があるなら、その差を縮めれば問題ありません!カカトの高い靴を履いてプレイに臨むことで、腰の位置が合うので、立ちバック成功の確率はぐっとアップします。裸にヒールという恰好は、視覚的興奮も誘うので一石二鳥です。

まとめ

安定した体位も良いですが、たまには立ちバックのように、遊び心のある体位に挑戦することも、ラブタイムを盛り上げるエッセンスになります。苦手意識があるのは仕方ないこと、焦らずにゆっくり克服していってくださいね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「 LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★膣の上付き、下付きって?見極め方と女性器の感じ方の違い
★ノーマル過ぎる彼…自分好みの♡に導くには!?
★の最中、体位って何回くらい変えてる?最も多いのは3回!
★な体位で刺激♡インサート中の動きを勉強する方法って?
★後背位中だけどトイレに…!中の便意の原因と対処法

【関連記事】

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks