大好きな彼氏をもっと好きになる!!男性らしさを感じる体位
大好きな彼氏をもっと好きになる!!男性らしさを感じる体位

大好きな彼氏をもっと好きになる!!男性らしさを感じる体位

ラブリサーチにて『男らしさを感じる体位」はありますか?』というアンケート調査を実施した結果、81.8%の女性が「はい」と回答しました。「幸せを感じる体位」の代表格といったら、なんといっても「座位」ですが、「男らしさを感じる体位」はどうでしょうか?人気の高かった上位3体位をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

Q.【女性に質問】「男らしさを感じる体位」はありますか?

回答時期:2016.06.30〜2016.07.14|129名が回答

はい:107名

いいえ:22名

それはどんな体位ですか?体位とその理由を教えてください

はい

いわゆるマンぐり返しの体勢になって、男性に体重をかけられながら膣奥まで挿入してもらう体位。男性のペニスとお尻で抑えつけられ下半身の身動きが取れなくなるので、その状態でペニスを抜き差しされると性欲の塊を私のアソコにぶつけられているみたいでゾクゾクします。特に大柄の男性にしてもらうと圧迫感がすごくて男らしいと思い感じてしまいます。

後背位は後ろからだから野生本能的な感じ?番外編で正常位、女性の両足首をもって持ち上げてY字に開いてするのも力技みたいでカッコよく見えました!

肩幅と背中。肩幅は自分よりも広くしっかりとしているため。背中は広く程よい筋肉がついているため抱きついた時に安心感がある。

正常位 。顔を見ながら求めてくる姿を見ていられることと、腹筋などが見えるからエロい

四つん這いで、背中を思いっきり反って、お尻を突き出して、後ろから挿れられるとすぐにいってしまいます。その時、お尻の穴が丸見えで、すっごく恥ずかしいけど、見られていると思うだけで十分感じてしまいます。

3位:松葉崩し

・「松葉崩し。深く繋がれるし、奥まで当たって気持ちいい。で、相手の顔が見える!」

片足を持ち上げられた体勢で挿入される体位です。持ち上げた片足を肩で担ぐ姿は「逞しい」のひと言に尽きますよね。深い結合感覚が得られる一方で、激しいピストン運動には不向きな体位ですが、実はそこが「男らしさ」を感じるポイントなのです。じっくりと丁寧に突かれる感覚から、男の余裕が感じられるのでしょう。

より、男らしさを感じたい女性は「奥が気持ちいい…!」と、素直に伝えましょう。男性にとっては、深い部分まで届いているという自信になります。

2位:正常位

・「顔を見ながら求めてくる姿を見ていられることと、腹筋などが見えるからエッチ」
・「やっぱり、がっちりした肩幅、胸板がしっかり見えて、抱かれているのが一番わかります」
・「『抱かれている感じ』が、すごくする。逞しい腕のなかで抱かれているっていう感じが幸せ」

正常位に男らしさを感じる女性からは、「筋肉」を推す声が多数寄せられました。筋肉量の少ない私たち女性にとって、男性の筋肉は、男らしさを感じずにはいられない、魅力的な部位です。

より男らしさを感じたい女性は、彼の身体に手を回し、余すところなく手を滑らせましょう。硬い筋肉が触覚として感じられるので、興奮度が増しますよ。

1位:バック(後背位)

・「無理やりじゃないけど、後ろから挿入されるとドキドキするし、顔が見えないし、圧倒的な力で責められているところです」
・「バック!特に片腕を引っ張られながらだと…
・「バック一択。動物的なというか、もう求めるがままに求めてくれてる感じ」

バック(後背位)がダントツで1位という結果に、頷いている女性も多いでしょう。バック(後背位)は、動物の交尾を連想させる体位です。野生的な荒々しさが如実に表れるので、さながらオスの本能のような、男らしさが感じられるのでしょう。

より男らしさを感じたい女性は、是非「こんな恰好…恥ずかしい」と恥じらう素振りをしてみましょう。女性を辱めたいという、男性の欲望を上手に刺激できますよ。

男性が草食化していると言われているご時世ですが、体位に工夫を施すことで、「やっぱり男らしい!」と、惚れ直すことができるでしょう。その感情は、性行為以外のシーンでも、二人の関係性にとって、プラスに働くこと間違いなしですよ!

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「 LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★騎乗位の上手な動き方!彼が興奮する3つのテクニック
★愛を感じる体位NO.1!「座位」の正しい動き方
★刺激的な体位!背面騎乗位に挑戦してみませんか?
★後背位で他の場所も攻めてほしいときのおねだり台詞4つ
★座位のやり方って?身体のお悩み別「座位」テクニック

【関連記事】

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks