片思いの彼は鈍感!鈍い男性と両思いになる方法とは?!
片思いの彼は鈍感!鈍い男性と両思いになる方法とは?!

片思いの彼は鈍感!鈍い男性と両思いになる方法とは?!

他人の気持ちにとっても敏感な男子がいる一方で、ちょっと鈍感な男性もいるもの。もし後者に片思いしてしまった場合、普段どおりに接していれば、いつまで経っても女の子側の想いに気づいてもらえないかも!そこでこの記事では鈍い男性と両思いになるおすすめの方法を5つ、ご紹介していきます。「彼がなかなかこちらの想いに気づいてくれない!」とお悩み中の女性はぜひ、参考にしてくださいね♡

Pick up
続きを読む
公開日:

彼の前では上機嫌

鈍感な彼が好意に気づきやすくなる効果アリ!

他人の気持ちに鈍感な男性であれ、自分の前でいつもムスッとした表情をしている女子に対しては「嫌われているのかな?」「何か下手なコトを言ってしまったのかも」なんて気持ちになります。

逆にいつも笑顔で、にこにこしている女子には良い印象を持ち、相手に興味を持つように。つまり女子の好意に気づいてくれやすくなります♪

ですから「鈍い彼と両思いになりたい!」女子は、相手男性の前ではできるかぎり上機嫌でいるようにしましょう。

本命に笑顔を向けることが苦手であっても徐々に慣れるものですから、奥手女子もぜひ実践してくださいね。周囲の同僚や友達からの評価もアップして、恋愛だけでなく、お仕事や勉強も捗るようになるかも♡

自分磨きを行う

相手男性を魅了できる自分になろう♡

男性のなかには好意を持った相手の気持ちには敏感だけど、それ以外の女子に対しては鈍感なタイプもいるもの。

また自分のタイプでなければアプローチに気づかないフリをする鈍感男子もいます。

このため彼と両思いになるためには自分磨きもしっかり行なっておいて損はありません。

彼好みの外見に近づけるようダイエットやメイクに励んだり、彼がつい頼りたくなるような女子を目指して勉強や資格試験に取り組んだりしておきましょう。

慣れないうちは少し大変かもしれませんが、着実に魅力が上がりますから、彼の目を引ける確率も日々、上昇します。またとっても魅力的な女子になれば、彼があなたに告白してくることだってあり得ます♡

自分から行動を起こす

鈍感な彼をランチやデートに誘おう!

女の子の気持ちに鈍感な男性は受け身も同然。

彼から何かを仕掛けてくることは期待できませんから、両思いになろうと思えば、自分から行動を起こしていく必要があります。

ですからマメに彼に話しかけたり、特別な用はなくてもLINEや電話でコンタクトを取ったり、あるいはランチのお誘いをしたりしましょう♪

とっても嫌われているわけではないのなら、彼からイヤな顔はされないハズですから、積極的な行動は苦手な女子も、勇気を出して、突撃してみてくださいね♡

ただしあまりにしつこく連絡したり、誘ったりしてしまうと、相手が気が長いタイプであれ、ムッとされちゃう可能性があります。相手の都合や顔色を確認しながら、アプローチをかけてくださいね♪

相手に興味を示す

好感や親近感を持ってもらえます♡

どんなタイプであれ、男性は自分に興味を持ってくれる女子には好感や親近感を持つもの。

また何度も興味を示す言動をしていれば、鈍い彼であれ「ひょっとして彼女、こちらに脈あり?」と感じるコトがあるもの♡

ですから彼と会話する機会があれば、時々、相手の趣味やお仕事内容などについて質問し、「私も○○に興味があって」とか「そのお仕事、面白そうですよね。詳しく聞きたいです♡」とか言っちゃいましょう!

二人きりのとき、可愛い笑顔やボディタッチも駆使しながら口にすれば、彼の胸をドキドキさせちゃうことだって可能です。

彼とランチや外デートしているときに試してみましょう♪

友人知人に手を貸してもらう

頼れる人がいるなら頼ろう♪

身近に恋愛を応援してくれる友人知人はいますか?

もしいる場合、手を借りましょう。鈍感な男性を落とせる確率がアップしますよ♪

たとえば彼らにさりげなく「○○はあなたが好きらしいけど、どう思う?」「彼女、あなたが気になってるって噂だけど知ってる?」なんて、片思いの彼に言ってもらえば、相手はあなたを強く意識し始めるハズ。

また友人たちにあなたの良いところをどんどん彼に伝えてもらうことで、第三者経由だけど、とっても良い印象を持たせるコトもできます♪

「少しでも早くこちらの気持ちに気づいてほしい」「自分の良いところを知ってもらいたい!」と思う女子は友人知人を動員し、せっせと彼に色々なコトを伝えてもらいましょう♡

自分はあまり動かずとも、いずれ彼から何らかのアプローチがある可能性もアリです!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks