彼氏の精液飲めますか?みんなのオーラルセックス事情
彼氏の精液飲めますか?みんなのオーラルセックス事情

彼氏の精液飲めますか?みんなのオーラルセックス事情

『口内射精の経験はありますか?』ラブリサーチにてアンケート調査を実施した結果、82.1%の女性が「ある」と回答。アンケートからは、口内射精に対しての関心が高いことが見受けられました。今回は、一般女性の、口内射精事情に迫りたいと思います。

Pick up
続きを読む
公開日:

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

Q.【女性に質問】口内射精の経験はありますか?

回答時期:2014.06.17〜2014.06.30|316名が回答

ある:261名

ない:55名

どんな状況で、どんな感じ(印象・味)でしたか?

ある

生理でできない時にしました。出た瞬間がはっきりわかったのと受け止めた時に「うっ・・・苦い。マズイ・・・」と思いました。

好きな人のだから飲も事もあるけど‥少し苦いしへんな味‥できれば飲みたくはない。どんな状況って家やホテルのH。ありとあらゆる場所で。

フェラじゃなくてもいきそうなときは口でして、そのまま。味は日によって違います。味を感じないように意識しています。

生理で挿入出来ないときに…。主人は喜んでくれますよ。ただ味は生臭くて正直受け付けられません。すぐに吐き出してうがいをしてしまいます。

お泊まりデートの時で、あたしが生理だったとき。初めての体験だったので、射精したときは、量と勢いにびっくり!味はちょっと苦かったかなと思います。彼からはあたしが辛そうな顔をしてたみたいで、それからはあまりやらなくなりました

口内射精は苦手な女性が多数!

・「フェラ中、夫が我慢しきれなくなり…においが違和感あった」
・「旦那がどうしてもしたいと言うから。でも二度としたくない」
・「好きな人のだから飲むこともあるけど、少し苦いし…できれば飲みたくはない」

アンケート結果を紐解いていくと、口内射精に苦手意識を持つ女性は少なからず存在します。苦手意識を抱えつつも、愛するパートナーからのリクエストに「応えたい!」と思うのが、女心というものなのでしょう。気になるのは、口内射精の後です。口の中の精液は、どうしていますか?口から出しても良いものなのでしょうか。それとも、飲み込むほうが良いのでしょうか。

口内射精後の精液、どうすればいい?:お口から出す派

・「味わわないように含んだまま洗面台に行きます」
・「すぐに吐き出してうがいをしてしまいます」

口内射精と精液を飲むことは、必ずしもセットではありません。お口で受け止めた後、ティッシュペーパーや洗面台に出す女性も存在します。気を付けたいのが、「出し方」です。確かに精液は、美味しいとは言い難いですが、あからさまに不味そうな顔をするのはご法度。出すなら、可愛く出しましょう。「いっぱい出たから飲みきれなかった」というひと言を添えるだけで、男性側が受ける印象はだいぶ違ってくるはずですよ。

口内射精後の精液、どうすればいい? 飲み込む派

・「飲んで欲しいと言われ、ちょっと躊躇しましたが、大好きな人なので、いいよって。(中略)そして、『ありがとう!』って、感激して言ってくれました」
・「『口に出してもいい?』と聞かれたので、少し興味もあった私は、OKしました。(中略)その後、セックスの時には口に出してもらい、徐々に慣れました」

美味しいとは言い難い精液ですが、大好きな人だから飲みたいという意見も挙がっています。多かったのが、「徐々に慣れた」という声。何度か繰り返すうちに、舌がパートナーの味を覚えるのかもしれませんね。また、「美味しくないと聞いていたが、それほどでもなかった」という声もちらほら。前評判に躍らされず、思いきってチャレンジしてみるのも良いでしょう。精液を飲むことで愛を伝えたい女性は、飲み込んだ後の「美味しかった」のひと言が効きますよ。

口内射精は、決してハードルの低くない行為です。口内射精を受け入れられないからといって、愛が足りないということはありません。どうか無理をせず、自分のペースで、口内射精と向き合ってくださいね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★女性だけじゃない!男性も感じる「性交痛」って?
★「前戯」VS「挿入」!あなたはどっち派?
★ひとりエッチで自分のカラダを知る!初心者のためのはじめてガイド
★お風呂に入ると感度が上がる!?前戯としてお風呂を楽しむ方法
★見た目がエッチでカップルに人気!?「素股」とは?

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks