LINE交換したけどフェードアウトしたい!おすすめの方法は?
LINE交換したけどフェードアウトしたい!おすすめの方法は?

LINE交換したけどフェードアウトしたい!おすすめの方法は?

「返信がしつこい」「会っているうちに、だんだんイヤな面が見えてきた」等など。LINE交換したけれど、フェードアウトしたいと思えるときって、ありますよね。この記事では無難にやりとりを消滅させる方法を5つ、お伝えしていきます♪今、フェードアウトしたい男性がいる女子は必見です♡

Pick up
続きを読む
公開日:

連絡ひんどを落とす

少しずつ彼から身を引こう!

もっともシンプルで、誰もができるフェードアウト方法です。

あなたからひんぱんにメッセージを送ったり、マメに返信したりしていては、いつまで経っても縁は切れません。

ですから彼と日に何度も連絡している女子は特に、やりとりの回数を減らしましょう♪

ただ突然、ひんどを落としては相手に理由を質問されたり、困惑されたりして、やっかいな事態になる恐れがあります。ですから減らすペースはあくまで「徐々に」がおすすめ。

「ちょっとずつなんて面倒くさい!」「今後も彼とLINEを続けたら、脈アリなのかもって勘違いされそう。さっさと連絡ゼロにしたい」と、思う女子も、焦らず少しずつ彼から身を引いていきましょう♡

勘の鋭い男性や、やりとりはひんぱんにしたい派の男性陣は、この時点で消えていくか、やりとりに消極的になります。つまりフェードアウトしやすい状態になってくれます。

内容を深堀りしない

塩対応もフェードアウトのためには必須♪

連絡ひんどを落としても、彼のメッセージを深堀りし、話題を広げていては、いつまで経っても彼からのLINEが途絶えない可能性大!

相手から返信やメッセージが届いても、できるだけ塩対応しましょう。

たとえば「お疲れ」「おはよう」のような、特に用はないLINEに対しては「うん」「おはよう」だけ。「友達と○○に行ってきました」なんてあれば、「あ~、○○に行ったんだ」「そうなんだね」で終わり等など。

スタンプだけで返信を終わらせる手もアリです。

心を込めない短文LINEを、たまに送り返すことを繰り返すと、多くの男性はあなたの「もうやりとりしたくない」気持ちを察してくれて、LINEをひかえてくれます♪

さりげなく忙しさを強調

普通の男性は事情を察して消極的に!

「もうこの人とは縁を切りたい」とか「会いたくない」とか思ったとき、昔から多くの男女が口にする口実。

それが「忙しい」です!

「今、勉強で忙しいから」「やらないといけないことがたくさんあって、忙しくて」なんて言われたら、普通の人はそれ以上、何も言えず、納得するしかないですよね♪

ですからあなたもフェードアウトしたい場合、メッセージの中で、さりげなく忙しいと、何度か告げちゃいましょう。事情を察し、相手はLINEのやりとりに積極的ではなくなりますよ♪

「一向に減らない!」しつこいタイプには「しばらく仕事に集中したいから、そっとしておいてもらえる?」「勉強に専念したいから、LINEのやりとりは当分ストップしたい」と、送りましょう。事情やあなたの本心を察して、そのとおりにしてくれるハズ♪

さらに何日も連絡を取り合わなければ、たいてい関係は自然消滅するものです♡

誘いにのらない

お誘いLINEには塩対応を!

あなたに片思いしている男性や、何度か一緒にお出かけした仲の異性とやりとりしていたら、ときに外出のお誘いがあるものですよね。

でも「彼とはフェードアウトしたい!」と、思っているならば、お誘いにのってはいけません。相手に「まだチャンスはありそう」とか「彼女はこちらとの関係を切りたいわけではないんだな」とか思われてしまう可能性があります。

ですからフェードアウトを決めた時点で、お誘いLINEには「忙しい」「当分、時間を空けられそうにない」などと返すようにしましょう♡

相手が会社の同僚や上司など、どうしても誘いを断れない場合は他の人を巻き込む手がオススメ。

「部署の人達も誘って行きましょう。○○さんが、そこに行きたいって言ってましたよ」なんて何度か返すだけで、相手はあなたの本心を察して、やりとりに消極的になるハズ♪

ストレートに理由を明かす

面倒な人向けのフェードアウト方法です♡

連絡ひんどを落としても、「忙しいから!」と伝えても、お誘いを何度断っても・・・・それでもダラダラとLINEを続けようとする男性が、一部にはいるもの!

ちょっと鈍いタイプや自己中な人、あるいはあなたが大好きで、どうしても両思いになりたい男性などがそうです。

このようなどんな方法を使っても、フェードアウトできそうにない人たちに対しては、ストレートに理由を明かしちゃいましょう!

「お互い相性が良くないみたい」「あなたは恋愛対象じゃない」「恋人がいますから」などと、女性側からハッキリ言われた場合、男性は普通、身を引きます。

それでもしつこく食い下がってきた場合、ブロックするか、家族や信頼できる友人知人に相談しましょう!

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks