失恋で胸が痛くなったことある!?恋愛と身体の関係について
失恋で胸が痛くなったことある!?恋愛と身体の関係について

失恋で胸が痛くなったことある!?恋愛と身体の関係について

「彼のことを考えると、胸が苦しくなる」、「失恋すると、胸が痛い」などと、自身の恋愛の状況を身体の痛みに関連させて表現するということを、あなたもしたことはありませんか?実はそれ、日本だけでなく世界共通の現象なのです。しかも最近の研究で驚くべきことが分かりました。「恋愛、特に失恋が生み出す痛みは身体とも関係ある」というのです!その興味深い内容を海外の人気サイト「aps」より紹介いたします。

Pick up
続きを読む
公開日:

失恋を辛いと感じる理由

大好きだった彼と別れた後、胸が痛くて苦しいといったことを経験したことはありませんか?これには科学的な理由があるのです。まず痛みというのは、脳のある領域が反応すると感じる仕組みになっています。失恋や別離などによって発生する痛みは「社会的苦痛」と呼ばれていますが、この苦痛に反応する脳の領域と、「肉体的苦痛」に反応する部分が重なっているのです。これは神経を画像化する研究で既に明らかにされており、まさに心と身体はつながっていることを証明していると言えます。

しかし、「社会的苦痛」と「肉体的苦痛」には、本来つながりがあったわけではありません。人間が生まれて間もない頃は親や家族といった社会的グループから離れてしまうと、危険から身を守ることができず生存率が下がってしまっていました。それを防ぐために「離れたら傷つく」と脳にインプットし、痛みを感じるように進化したと考えられています。人間が進化していく過程で、心と身体は互いに影響を与え合うようになったと言えます。

失恋の痛みが、実際の痛みになる可能性も?

「失恋の痛手なんて、時間が経てば乗り越えられる」と思っていたのに、心の痛みが取れなかったり、胸が苦しいと感じる期間が長かったりする場合は、少し気をつけた方がいいかもしれません。もしかしたら、失恋の痛みが実際の痛みになってしまった『ブロークンハート症候群』かもしれないのです。 

日本でも一部で認知されており、症状が恋に破れたときに感じる「心的部分の痛み」と非常に似ています。ただし、その原因は、失恋だけに留まらず、仕事のストレスや人間関係の悩みなど、大きな精神的負担によるものとされています。過大なストレスによって、関連ホルモンやアドレナリンが大量に発生すると、血流に異常をきたします。その結果、心臓に大きな負担がかかるため、身体が「痛み」を感じるのです。

ストレスを感じる人なら誰しもなりうる、ブロークンハート症候群。失恋したからといって悩みすぎていると、あなたも患ってしまう可能性があるのです。本当の痛みにならないためにも、1人で抱え込まず、家族や親しい友人に話すなどして、発散するようにしましょう。

女性より男性の方が、心を痛めやすい?

恋愛で心を痛めるのは、女性ばかりと考えてはいませんか?実際は男性のほうが、失恋によって長く苦しむ可能性があります。女性は家族や友人に悩みを話したり、泣いたりすることで、ストレスや痛みを発散できます。しかし、男性は痛い気持ちを外に出さない人が多く、そのような意味では、恋人との別れを男性のほうがもっと辛く感じるのかもしれません。

また男女間で、過去の恋愛との向き合い方も違うようです。パソコン上でたとえると、男性は1つ1つ終わった恋愛を並列にする「名前を付けて保存」タイプですが、女性は過去を糧にして「上書き保存」します。たとえ失恋しても、新たな恋をすることで、過去の恋愛の痛みが癒されやすい体質を、私たち女性は持っているのです。それに反して、男性は1つ1つの恋愛を忘れずに大切にとっておくため、失恋の痛手をずるずると引きずりやすいと言えるでしょう。

まとめ

「君がいなくなるのを考えると、胸が痛くなる」なんて歌詞をときたま耳にしますが、その痛みは、単なる感傷ではなく、実際に根拠があるものだったのです。科学的にも証明されている、心と身体の密接な関係。痛みではなく幸せを感じるためにも、現在の彼や周りの友人と良好な関係を維持していきたいですね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★失恋してみるのも悪くない!大好きな人を失って気づいたこと4つ
★上手く失恋から立ち直る方法とは?
★新たな恋のスタート?彼と別れたときの吹っ切り方診断
★「好きだけど、一緒にはいられない…」みんなの切ない恋の思い出
★新しい出会いを見つけるために必要な行動パターンとは?

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks