シャワーの前に良い雰囲気に…エッチの前の“シャワー問題”どうしてる?
シャワーの前に良い雰囲気に…エッチの前の“シャワー問題”どうしてる?

シャワーの前に良い雰囲気に…エッチの前の“シャワー問題”どうしてる?

セックス前は必ずシャワーを浴びたいですか?ラブリサーチでアンケート調査を行なった結果、7割を超える女性が「浴びたい」と回答しました。確かに、シャワーで洗い流してから臨むのが理想ですが、ムードが高まりそのまま突入するケースもありますよね。そんなとき、「シャワー浴びたい」と言っていいものか、考察していきましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

【女性に質問】ラブタイム前は必ずシャワーを浴びたいですか?

Q.【女性に質問】ラブタイム前は必ずシャワーを浴びたいですか?

回答時期:2015.05.21〜2015.05.29|135名が回答

はい:104名

いいえ:31名

それはなぜですか?詳しく教えてください

はい

ほんとはリビドーが消えちゃうからすぐラブタイムしたいけど、アソコの臭いが気になるから汗臭い所だけでもシャワーを浴びたいから。

自分の汗やデリケートゾーンの匂いが気になってしまうから。あと、彼にオーラルをするかもしれないので、彼と一緒にシャワーを浴びたい。

ラビアが人より大きい分、下着も汚れやすいし、尿臭がするので。先週からパイパンにしてみたが、生理で効果の程はまだ不明。

匂いも気になるし、あとムダ毛の剃り残し最終チェック!どんなに好きでも、お風呂入ってくれなかったら舐めれないねってお互い言ってます。

相手の匂いは気にしないけど、自分!くさいとか汚いって思われたら…なんて想像しただけでムリ!

いいえ

匂いがなくなってしまって興奮度が下がってしまうから

シャワーを浴びているあいだに冷静になってきてしまうので、興奮しているうちにしたい。

私は彼の汗のにおいが大好きだし、彼も同じように思ってくれているから

致し方ない時もある…けど本音はいちゃいちゃして頃合いを見て一緒にシャワーに行きたい。

普段の私のにおいを感じて欲しい。

浴びたい派女性の本音

まずは、浴びたい派女性の声からご紹介します。ダントツで多かったのが、「匂いが気になる」という意見。「性器を舐められるときに臭いと思われたくない」「クンニリングスをされるときに集中できずイケない」などは、まさしく女心ですね。愛する彼氏に綺麗なカラダで抱かれたいと願うのは、女性としてごく自然な感情でしょう。

また、「私もフェラチオをするので清潔なほうがいい」「彼氏にオーラルをするかもしれないので、彼氏と一緒にシャワーを浴びたい」など、パートナーの匂いを気にする意見も寄せられました。

浴びなくてもOK派女性の本音

こちらも、前者と同じように「匂い」に関するご意見が多く集まりました。違うのは、「匂い」の捉え方!「匂いがなくなると、興奮度が下がってしまう」「彼氏が匂い好きだから」など、匂いがある状態をよしとする女性が多いようです。

ほか、「早くしたい」「シャワーを浴びる時間がもったいない」など、「いますぐ抱かれたい」という本音も見え隠れしました。シャワーというワンクッションを置かずに、1分1秒でも早く愛する彼氏と繋がりたいと願うのもまた、女心によるものでしょう。

浴びたいけど雰囲気が…どうしたらいい?

「集中できずイケない」というご意見も挙がっているように、シャワーを浴びず突入したことで、行為自体に集中できないのはもったいないですよね。彼氏側も、行為に集中してほしいと思うはず。そう考えると、「シャワー浴びたい」と言ったほうがいいでしょう。「一緒に浴びよう」もアリ。肝心なのはこの後!

彼氏側が、シャワーを浴びずに続行することを望んでいるのなら、そのまま受け入れたほうが無難です。「浴びる・浴びない」の討論になってしまうと、せっかくの雰囲気が台無しですから。匂いフェチの彼氏に対しては、もうひと声「だって、恥ずかしい匂いがするかも」と付け加え、「そのほうが興奮する」という言葉を引き出してもよいでしょう。

大切なのは、自分の主張をゴリ押ししないこと。セックスはコミュニケーションです。彼氏の反応をしっかりと受け止め、それに見合った返しができれば、浴びても浴びなくても、行為は大いに盛り上がるはずですよ。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★セックスの前、シャワーを浴びた後の正しい服装はこれだった!
★クンニリングスにご用心!彼にドン引きされないために気を付けるべきこと
★クンニでお悩みの方必見!充実したラブタイムにまずすべきこと
★オーラルセックスとは?知っておきたい男女の本音
★経験者が語る!アンダーヘアをお手入れしはじめたきっかけ4つ

【関連記事】

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks