太ると感度が悪くなるのは本当?女医が教える体型と感度の関係
太ると感度が悪くなるのは本当?女医が教える体型と感度の関係

太ると感度が悪くなるのは本当?女医が教える体型と感度の関係

「太ると、感度が鈍る」という話をみなさん聞いたことはあるでしょうか。「太ると、膣にも余計な脂肪がつくので感度が鈍る」という理屈なのですが、実際のところはどうなのか、膣以外の部位も含め、今日は、体型と感度の関係についてお話していきます。ラブリサーチが行ったアンケートを見ていただくと、過半数の女性が「体型は関係ない」と答える結果となりました。数キロ~10キロ単位でダイエットしたり太ったりした経験のある女性は意外と多いですが、「太っても特に感度は変わらなかった」と答えた女性もいらっしゃいました。

Pick up
続きを読む
公開日:

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

Q.「痩せている女性」と「ふくよかな女性」で挿入時の感度は異なると思いますか?

回答時期:2015.04.17〜2015.04.24|124名が回答

「痩せている女性」の方が感度がいいと思う:43名

体型は関係ないと思う:61名

「ふくよかな女性」の方が感度がいいと思う:20名

それはなぜですか?詳しく教えてください。

「痩せている女性」の方が感度がいいと思う

締まりがいい!それだけ感じやすい!

感度というより、痩せている方が挿入時により興奮する

太ると膣周辺にも贅肉がついて、感じにくくなると聞いたことがあります

筋トレなどで引き締まった痩せた体型の女性は骨盤低筋も鍛えられているから、感度がいいと思う

ふくよかな女性は、お尻のお肉が邪魔をして深く挿入ができないと思うから

体型は関係ないと思う

挿入時の感度は個人差もあるし、個人でも毎回違うと思います。

生まれつき感じやすい体質の人はいるようですが、それはそれ。私はこの20年間で体重が1.5倍に増えましたが、感度は昔と変わらないですよ~(笑)

人によって違う。同じやせ体型でも、感じやすい女性と感じにくい女性がいる

身体のつくりや感じ方は人それぞれだから

人それぞれでは?

「ふくよかな女性」の方が感度がいいと思う

隙間にぐいぐいおしこむから?(笑)

なんとなく

太ると挿入時の感度が鈍るのは、嘘!

アンケート結果からもわかるとおり、体型と感度は相関するわけではありません。太っていても痩せていても、感度はその人個人の体質だったり趣味嗜好、もしくはパートナーとの相性や体位などによって決まるもので、膣内の脂肪の量によって決まるものではないからです。

そもそも、膣の中はかなり内臓に近い部位。体重の増減があると、影響を受けるのは体の表面の皮下脂肪です。二の腕や太腿、おなかを気にする人が多いのは、脂肪細胞が多く、皮下脂肪として栄養が蓄積されやすい部位だからです。逆に、内臓脂肪は、食事の量が増えたからといってすぐに増えたり減ったりするものではありません。特に膣の中は、粘膜で覆われた部位で、脂肪細胞が少ない部位になるので、多少太ったからといって、膣の中の脂肪が増えて感じ方が変わってしまう、というのは考えにくいのです。

太るとおなかや鎖骨などの感度は鈍るかも!?

逆に、膣以外のカラダの部位はどうでしょうか。「急激に太って全身に脂肪がつくと、性感帯の感度も下がる」という人がいます。この意見は、一概に「間違っている」とは言えません。

急激に皮下脂肪がつくと、血液の循環が悪くなる関係で、冷えやすくなります。たとえば、太ももに急激に脂肪がつくと、脂肪を栄養する血管の新生が間に合わなくて、常に体が冷えている状態になります。体が冷えているとき、神経の感覚も鈍っているので、性感度だけではなく、痛い、冷たい、熱いといった「感度」そのものが、痩せているときよりも低下してしまいます。

もちろん、メンタル的な問題もあるので、「太ったら必ず性感帯の感度が下がる」というわけではありませんが、冷えやすくなることで、感度が下がってしまう可能性は十分あるといえるでしょう。

胸の大きい人は感度が鈍るのは、ほとんど嘘!

では、胸が大きい人、つまり、胸に豊かな脂肪を蓄えている人は感度が鈍るかというと、そうではありません。急激に皮下脂肪が増えた場合は、血管新生が追い付かない関係で感度が鈍りますが、胸がもともと大きい人は、時間をかけてゆっくり大きくなっているので、「胸だけ冷えやすくて感度が鈍い」ということはありません。逆に、胸を丁寧に愛撫されることで、乳房が開発されて感じやすくなっているかもしれません。

ただ、注意しておかないといけないのは、胸が大きいことで、胸以外の性感帯をほとんど愛撫されず、結果的にあまり感じることができない、というケースもあります。胸が大きかったとしても、胸だけではなく、お尻や背中、脇など、女性の体は全身が性感帯です。パートナーの愛撫の手を、胸だけではなくて全身に導いてあげることで、より感度をアップさせることができるかもしれません。

脂肪と感度は、直接的な関係はないかもしれないですが、ちょっとした意識で、セックスの感度をアップさせることができるというヒントになったのではないでしょうか。「体が冷えやすいな」と自覚している女性の方は、太った痩せたではなく、セックスの前に少し体をあたためる工夫をしてみるだけで、いつもよりもセックスが楽しめるかもしれません。胸の大きさ関係なく、セックスは、「全身で楽しむもの」です。胸と膣に集中するのではなく、パートナーと一緒に、自分の体の性感帯を開発されてみてくださいね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★女医が教える「膣トレをするとおこる嬉しいこと」5つ
★セックスで感じないのはなぜ?膣内で気持ち良くなる方法
★何度もイク女性は少数!絶頂の回数とオーガズムの深さの関係
★どうすればいいの?彼に「ひとりHしてる?」と聞かれた時の対処法
★ローター1つで楽しみいっぱい!みんなのローターの使い方

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks