セックスをするとき、男性にコンドームをつけてもらうためのひと言7パターン
セックスをするとき、男性にコンドームをつけてもらうためのひと言7パターン

セックスをするとき、男性にコンドームをつけてもらうためのひと言7パターン

セックスのとき、妊娠や性感染症を防ぐためにもコンドームをつけて欲しいけど、「嫌われたらどうしよう」「ムードを壊したらどうしよう」となかなか言い出せないものです。でも、失敗して辛い思いをするのは女性。そこで今回は、「コンドームをつけてもらうためのひと言」をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】「お願い、ゴムつけて」

最もストレートで、嫌みのない言い方が「お願い、つけて」です。

ただし、ストレートなだけに、声のトーンには注意しましょう。

きつく言うと命令形に聞こえてしまい、彼氏はあっという間に萎えてしまいます。

あくまで、おねだりするようにかわいらしく言いましょう。

【2】「子どもができたら、あなたの家に押しかけからね」

男性が最も怖がることは「子どもの責任を取らされる」ことです。

それを親に知られるというのも恐れること。

そこで、コンドームを渡しながら、「子どもができたら、あなたの家に押しかけるわよ」と訴えてみましょう。

はじめはかわいらしく、それでも言うことを聞かなければ、怒ったようにもう一度!

【3】「本当に好きならつけて!」

男性の本性を見るという意味でも、「本当に好きならつけて!」と言ってみましょう。

それでもつける気配がなければ、セックスを拒否してください。

本当にあなたのことが好きなら、一度、厳しい態度に出れば、次からはきちんとつけてくれるでしょう。

それでもつけてくれないような男性とは別れた方が正解です。

【4】「つけてる方が感じるわ」

心のどこかに不安があると、エッチに集中できないものです。それは男性だって同じこと。

だから「つけていないと不安でいかないの」「つけている方が思いきりできるから、感じるわ」と言ってみましょう。きっと、この気持ちは分かってくれるはずです。

【5】「私がつけてあげる」

男性の中には、女性にコンドームをつけてもらうことに快感を覚える人がいるものです。

セックスプレイのひとつとして、「私がつけてあげる」と言ってみましょう。

もしかしたら、男性はよりビンビンに燃えるかもしれませんよ。

女性から「つけてあげる」と言われて、断る男性も少ないと思います。

【6】「今日は危険日よ」

コンドームをつけるつけないという話ではなく、言葉の奥に「つけないとどうなるか分かっているの!?」という強い想いを込めて、厳しい口調で「今日は危険日よ」とだけ言ってみましょう。誠意のある男性なら、あわててコンドームをつけるはずです。

【7】「つけないとやらない派」

男性が「生派」「外で出す派」などと言うなら、女性も「つけないとやらない派」ということを主張しましょう。

ムードに流されることなくきっぱり言えば、男性は「セックスを中止する」か「コンドームをつける」かの二択になります。

それで去って行くような男性とつき合っていても、ろくなことはありません。

言い出せないからと生でヤルと、病気がうつって妊娠できない身体になったり、妊娠してしまったり、あなたが大変な目にあいます。

どんなときでも、きちんとコンドームをつけてもらいましょう。

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks