復縁に成功する方法とは?失恋したけれど、どうしても諦めきれないなら!
復縁に成功する方法とは?失恋したけれど、どうしても諦めきれないなら!
復縁したい お気に入り

復縁に成功する方法とは?失恋したけれど、どうしても諦めきれないなら!

周りから「元カレのことは忘れて、新しい恋愛をしたほうが良いよ!」と言われても、なかなか気持ちを切り替えることができないですよね。「結婚まで考えてたのに・・・」恋人だった男性との関係が深い場合はなおさらです。どんなことをすれば彼との関係を元通りにできるのでしょうか。今回は、もう一度元カレとやり直すための上手な復縁方法をご紹介します。

Pick up
続きを読む
オススメの動画

復縁するために自分磨きで生まれ変わって自信をつける

大好きだった彼と別れてしまったのは、何かしらあなたと相手に原因や何かキッカケがあったから。それを何も変えずに復縁しようとしても、また同じように失敗して悲しい思いをしてしまいますよ。

復縁で成功するためには、別れた原因や理由を分析して自分自身を変えることが必要。少なくとも三、四か月は彼と連絡を取らず、その間は自分磨きに励みましょう。また、この期間に友達に恋愛相談してみるのも良いでしょう。一人で解決しようとせず、自分の心や感情、彼に対する想いを友人に打ち明け、共に改善点を見出しましょう。

時間を置いて冷却期間を設けることで、彼も頭を冷やして冷静な状態になり、あなたが復縁のアプローチをした時に受け入れてくれる可能性も高まります。

こらえ切れない「会いたい」、「電話をしたい」という気持ちをじっと我慢して一歩前進できるように頑張りましょう。その我慢の時間があなたと彼を大きく変え、復縁を成功へと導きますよ。

【参考記事】別れた原因や理由を分析する▼

突然、別れの時がくるなんて!彼が付き合いをやめたくなる10の理由

決めた…!女性が彼氏との別れをはっきりと決意した理由TOP10

男性から見た「二度とつき合いたくないめんどうな女性」と別れた理由

復縁するにはメールで連絡をとるほうがいい

会ったり連絡をとったりするのを我慢して、数か月の自分磨きで別れた原因が改善されたと感じたら女性の方から彼にメールで連絡をとってみましょう。いきなり電話や直接会うのは、相手に警戒されてしまうかもしれないので、メールでの連絡が◎

このとき重要なのが、「重たい雰囲気を作らないこと。」別れたときの話や謝罪などは避けた方が復縁の可能性が上がります。

メールの内容は、疑問形にして返信が望めるようにすること。例えば、彼がワイン好きであれば「お元気ですか?友達にワインをプレゼントしようと思うんだけど、今の時期だと何がオススメかな?」など、相手が返信しやすい工夫をすると良いでしょう。

最初のうちはメールを送りすぎないように注意しましょう。相手が自分に再び好意を示して、メールが続くようになれば送る頻度を増やし、関係を修復していきましょう。

直接会う約束する

メールで打ち解けてきたら、直接会う約束を取り付けましょう。メールの時と同じように、相手が興味を示すようなお誘いをすることが大切。

例えば、先ほどと同じようにワイン好きの彼であれば「ワインのおいしいお店があるって友達から教えてもらったんだけど、一緒に行かない?」と誘うと良いでしょう。あくまでも「復縁」を匂わさず自然なデートプランを提案するのがポイント。

もし二人きりだと断られるかもしれないと感じるのであれば、共通の友人など他の人と複数人で会う約束をすると成功しやすいですよ。

復縁したいなら直接会って距離を縮める

数か月ぶりの再会となるので、お互い別れた時からの変化に気づきます。自分磨きで女子力が上がったことに自信を持って臨みましょう。

同じように、彼も髪型やファッションなどが以前と変わっているかもしれません。変化を受け入れて、できるだけ彼の変化を見つけて褒めることで話題が生まれ、離れていた時間を埋めていくことが大切ですよ。

彼に復縁の気持ちがあるのか見極める

ある程度彼との溝が埋まってきたと感じたら、少し未来の話をしてみましょう。例えば「次の休みに○○に行かない?」など、二人での未来の予定を話した時、彼もその話に乗ってくれば復縁の見込みは大いにあります。

ハッキリした答えがもらえない場合は、復縁はまだ早いかも。二人で会う時間を増やして確実に復縁できる雰囲気を作っていきましょう。

【参考記事】離れてしまった心を取り戻す▼

彼氏と別れたくない!一度離れてしまった男性の心を取り戻す方法

【関連記事】

失恋から立ち直る方法とは?辛い気持ちを和らげて次の恋愛へと向かおう! 失恋から立ち直る方法とは?辛い気持ちを和らげて次の恋愛へと向かおう!

関連する記事

復縁したいランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks