女性特有の病気の基礎知識「子宮外妊娠」
女性特有の病気の基礎知識「子宮外妊娠」

女性特有の病気の基礎知識「子宮外妊娠」

子宮外妊娠とは、本来赤ちゃんが育つ場所である子宮の内膜以外で妊娠が成立することを言います。

Pick up
続きを読む
公開日:

子宮外妊娠とは

子宮外妊娠とは、一言で言うと、本来赤ちゃんが育つ場所である子宮の内膜以外で妊娠が成立することを言います。

全妊娠数の約1~2%の頻度で見られ、妊娠初期の異常妊娠の代表的なもののひとつです。

9割以上が卵管妊娠

排卵後に卵子と精子が出会って受精をするのは卵管の膨大部(ぼうだいぶ)という部分。

正常な妊娠では、そこから受精卵が細胞分裂を繰り返しながら約1週間かけてゆっくり子宮の内膜に移動していくわけですから、その過程である卵管での妊娠が子宮外妊娠のうちで最も多く、卵管妊娠は全子宮外妊娠の9割以上を占めています。

卵管妊娠の他には、卵巣妊娠、腹腔妊娠、子宮頸管妊娠などがあります。

子宮外妊娠の原因

子宮外妊娠の原因としては、骨盤内の癒着があります。

癒着があると、卵管の動きが悪くなったり閉塞したりして、うまく受精卵が運ばれなくなるのです。

癒着が起こる理由のひとつに炎症が挙げられます。

虫垂炎や腹膜炎が原因になることもあり、近年では、クラミジアや淋病などの性感染症が卵管で炎症を起こす「卵管炎」や、子宮内膜症による炎症が増加しています。

開腹手術や子宮外妊娠の既往も癒着の原因となることがあります。

子宮外妊娠の自覚症状

自覚症状は、妊娠のごく初期には正常な妊娠と変わりはなく、もちろん妊娠反応も陽性になります。

以前であれば子宮外妊娠は早期の診断が困難で、全身状態が急激に悪化することも多かったのですが、最近では経膣(けいちつ)超音波や精度の高い妊娠検査薬のおかげで早期診断ができるようになりました。

妊娠反応が陽性に出たにもかかわらず、子宮内に胎嚢(たいのう:赤ちゃんを包む袋のようなもの)が見えてこず、次第に不正出血や下腹部痛が出てきます。

子宮外妊娠の治療

子宮外妊娠は妊娠には変わりないけれど、子宮の内腔以外に赤ちゃんができるわけですから、当然そこではうまく成長できず、やがては破裂するという運命をたどります。

成長が早期にストップ(すなわち流産)してしまうと自然に体内に吸収されることもありますから、早期に子宮外妊娠と診断されて全身状態が安定していれば、経過を見ながら吸収されるのを待つ場合もありますが、下腹部痛や出血がひどく、全身状態が悪化していれば手術で子宮外妊娠した部分を除去します。

メソトレキセートという抗がん剤を注入する治療もあります。

治療法は、患者さんの全身状態などによって選択します。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks