お酒で失敗しないために!酔って失敗してしまう女性の心理
お酒で失敗しないために!酔って失敗してしまう女性の心理

お酒で失敗しないために!酔って失敗してしまう女性の心理

飲み会や合コンなど、楽しい集まりにお酒はつきものです。お酒が入ることで、みんなで楽しい気持ちになって、会が盛り上がる、といった効果は、歓迎されることでしょう。ただ、飲み過ぎてしまって「失敗した~!!」と後悔した、記憶から消したい体験がある人も、けっこうたくさんいらっしゃるでしょう。今回は、酔って失敗してしまう女性の心理について考えてみましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

お酒の作用で起こること

アルコールを摂取することで、私たちの脳には何が起こっているのか考えてみましょう。お酒を飲むと、気分が良くなって、楽しくなってくる、という体験をしたことはありませんか?

これは、お酒を飲むと「ドーパミン」という脳内物質が出て、楽しくなるのです。更に、「セロトニン」という不安や恐怖を抑える物質も出やすくなるので、リラックスしてくるのです。

脳の中でも「理性」を司る部分が、ちょっとした麻痺を起こすような感じになります。

適量を守って、楽しんだりリラックスできているうちは良いのですが、飲み過ぎるとその「理性」が働かなくなったり、「記憶」が正常にできなくなったりしてしまうのです。

「思考」の蓋が外れると失敗も起きやすい

人間は、「思考」を使って、心を守ります。分かりやすく言うと、傷つかないようにいろいろと自分や他人に言い訳しているのです。

お酒は、その理論武装が解除されるきっかけになります。

つまり、普段は理性を働かせて抑えている気持ちが、お酒をきっかけに外に出やすくなってしまい、お酒の席での忘れたい「失敗」につながります。

それは普段押さえている気持ちです

お酒をきっかけに外に出てくるのは、普段は見ないようにしている「寂しい気持ち」「人恋しい気持ち」溜まってきた「イライラ感」などなど。

本当は寂しくて、自分を分かってくれる人がいなくて、悲しい。こんな気持ちが潜んでいれば涙もろくなるかもしれません。

正当に自分を評価してくれない、自分を守ってくれるのは自分しかいない。

こんな気持ちが潜んでいれば、イライラしたり、上から目線の態度になったりするでしょう。

女性として認められたい、自分の魅力を分かってほしい、可愛さを分からせたい。

こんな気持ちが強ければ、キス魔になったり、いつもよりガードが緩くなってしまうこともあるかもしれません。

お酒を飲んだ時の自分を振り返ってみると、自分の中で見ないようにしている心が見えてくるかもしれませんね。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks