ノリだと思ったのに腰に回された腕の感覚に何も言えなくなる
ノリだと思ったのに腰に回された腕の感覚に何も言えなくなる

ノリだと思ったのに腰に回された腕の感覚に何も言えなくなる

ノリだと思ったのに腰に回された腕の感覚に何も言えなくなる。

Pick up
続きを読む
公開日:

「何も言えなくなる瞬間」

椅子に座っている男友達と、その前に立っている私。

「抱きついて良い?」

「別に良いけど」

「え、ほんとに?」

「だって抱きつけないでしょ?」

「そんなことないよ」

「嘘だ、できないくせに」

いつもと変わらないノリ、のはずだった。

静かに腰に回された腕の感覚に何も言えなくなる。

「ナメられたら困るなあ… 僕も男なんだからね」

「男友達に言われた一言」

「男友達に言われた一言」

ずっと友達だと思ってた彼。

でも気づいたらすきになってて…でもやっぱり認めたくないし、

だけど他の娘にも取られたくなくて…こうなったら神頼み!お願いします!って勇気を出してがんばって買ったピンクの石のアクセサリー。

動機はちょっと微妙だったかな…とか、でもかわいいな!とか変に思われないかな…とか一喜一憂。

まあ実のところ気に入っててつけているんだけど、彼ったらそれをみた瞬間

『えっ好きな人いるの?うっそだーえ?え?誰?誰なの?』ってなぜか悔しそう。あれ?ちょっとまって、さっそく期待してみても…いいですか…?

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks