ダイエットに効果的な「成長ホルモン」をアップさせる方法
ダイエットに効果的な「成長ホルモン」をアップさせる方法

ダイエットに効果的な「成長ホルモン」をアップさせる方法

「アンチエイジングホルモン」ともいわれる成長ホルモン。子どもの筋肉や骨の成長を促すだけでなく、成人になっても体脂肪の分解や筋肉の維持、肌の新陳代謝などに必要なホルモンです。分泌量は思春期がピークで、以後10年間に14%ずつ下がっていくと言われています。加齢とともに低下していく成長ホルモンですが、分泌をUPさせる方法はあるのです。ここでは、成長ホルモンの分泌を促す方法を3つご紹介しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

成長ホルモンの分泌を促す方法 ①「空腹」になる

空腹になると、胃から「グレリン」というホルモンが分泌されるのですが、このグレリンは、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるのです。つまり、「空腹」になることが大切。

だらだら食べたり、ちょこちょこお菓子をつまんだりして空腹の時間がないと、グレリンも分泌されません。

なるべく決まった時間に規則正しく食事を摂るようにし、食事と食事の間には間食をしないようにして、空腹を感じてから食べるようにしましょう。

成長ホルモンの分泌を促す方法 ②きつめの運動をする

少しきつめの負荷をかけながら筋肉を動かすと、成長ホルモンの分泌が促されます。

運動で筋肉を刺激すると、運動後の30分程度は成長ホルモンの分泌が一気に高まります。大きな筋肉のある下半身を動かすとさらに効果的。

おススメはスクワットです。まずは10回を目標にしてみましょう。

血糖値が高い状態だと成長ホルモンの分泌は抑えられるので、運動は空腹時に行うのがポイントです。

成長ホルモンの分泌を促す方法 ③質の良い睡眠をとる

成長ホルモンは、寝始めてから3時間くらいまでの深い眠りで分泌が促されます。スムースに眠りにつき、深い睡眠を得るためには、寝る前2~3時間の過ごし方が大切です。

夕食後はリラックスして過ごし、入浴はシャワーで済ませずバスタブにつかりましょう。

入浴で体温を少し上げると、その後体温が下がるとともに眠気がやってきてスムースに眠りにつくことができます。

また、血糖値が下がった状態で就寝することも大切。夕食後、入浴することで軽い運動をした状態になり、血糖値が下がって睡眠時の成長ホルモンの分泌もUP。

いかがでしたか?思春期を過ぎたからと諦めることはありません。これらの方法をうまく日常生活に取り入れて、成長ホルモンUPを目指しましょう。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks