気になる乳房のしこり…これって乳がん?
気になる乳房のしこり…これって乳がん?

気になる乳房のしこり…これって乳がん?

外来を受診する女性の多くが訴える「乳房のしこり」これらの原因をしっかり解説します。

Pick up
続きを読む
公開日:

胸にしこりを感じたら…

何気なく胸を触ったら、何か硬いしこりを触れた。

もしかして乳がん?乳房のしこりというとまず思い浮かぶのが乳がんですが、しこりの約90%は良性で、治療の必要がないものがほとんどなのです。

20~30代に多い乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

良性の腫瘍で最も多いのが乳腺線維腺腫。

20~30代に多く、若い女性の「乳房のしこり」といえばこれがほとんどです。

しこりは境界がはっきりしていて表面はなめらか、コリコリとよく動きます。

痛みはないことがほとんどです。

30代から閉経前に多い乳腺症

30代から閉経前の年代に多いのが乳腺症で、長い間女性ホルモンにさらされた乳腺の組織が少しずつ硬くなることによって生じます。

いろいろな大きさの硬いしこりが触れるようになり、月経前後でしこりの数が増えたり大きくなったり、人によっては痛みを伴ったり乳首から分泌物が出ることもあります。

乳腺線維腺腫も乳腺症も悪性化することはないと考えられているので、特別に治療は必要とせず、定期検診で経過を見ていきますが、しこりが大きくなったり痛みが強い場合は手術をする場合もあります。

悪性腫瘍の乳がん

悪性の腫瘍である乳がんの場合は、しこりの境界はあまりはっきりとせず、表面はでこぼこしています。

痛みを伴うことはほとんどなく、乳房の皮膚がへこんだり、乳首や乳輪がただれたり、乳首から血の混じった分泌物が出ることもあります。

また、わきの下のリンパ節にしこりを感じることもあります。

乳がんのセンサーは自分の指

若いときの乳房のしこりは良性のものがほとんど…といっても近年の晩婚少子化・未婚女性の増加や食生活の欧米化による動物性脂肪摂取によって、日本人の女性の乳がんは増加しています。

それでも乳がん女性の約8割は自分でしこりを見つけているといわれているくらい、乳がんは自分で発見できるがんなのです。

どんな名医にもまさる乳がんのセンサーは自分の指!定期的に自分の乳房に触れて自己検診を行い、しこりなどを見つけたら専門医の診察を受けるようにしましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks