セックスのとき、勃たない彼へのなぐさめのセリフ7パターン
セックスのとき、勃たない彼へのなぐさめのセリフ7パターン

セックスのとき、勃たない彼へのなぐさめのセリフ7パターン

男性のアソコは、男性自身にとってもやっかいなもの。どんなに愛情があっても、どんなにヤル気があっても、ストレスや疲れなどが原因で勃たないことがあります。そんなとき、男性は傷つき、女性に合わせる顔がないと恥ずかしさで凹んでしまうもの。そこで今回は「セックスのとき、勃たない彼へのなぐさめのセリフ」のご紹介です。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】「今日はだきしめられたい気分なの」

男性を責めることなく、「今日はだきしめられて眠りたい気分なの」とおねだりしてみましょう。

そのまま眠りにつけば、ふたりの間に気まずい雰囲気が流れることもなく、目が覚めた頃には、男性だってショックから立ち直っているでしょう。

【2】「じらされると興奮するわ」

最後までできなかったことが、あたかも良かったかのように、「じらされると興奮するわ。たまにはこういうのも良いわね」と言ってみましょう。

そして、その後は、何ごとも無かったかのように、いつも通りに。

男性に早く忘れさせてあげることが大切なのです。

【3】「こんな日もあるよ」

「どうしたの?」「疲れてるんじゃない?」と言う言葉は、男性を傷つけてしまうので、言ってはいけません。

自分からは何も言わず、男性が謝ったときに「こんな日もあるよ」と言って、気にしていないそぶりをみせましょう。

実際、本当に愛しているなら、側にいてくれるだけで充分幸せですものね。

【4】「じゅうぶん気持ち良かったよ」

自分はこれで満足したから安心してという気持ちで「じゅうぶん気持ち良かったよ」と言いましょう。

女性に対して「申し訳ない」「合わせる顔がない」という男性の負い目を取り去ってあげることができたら、男性もホッとするはずです。

【5】何も言わずに寄り添う

うまくできなかったとき、男性は落ち込みながらも、頭の中で色々と原因や対処法を考えています。

そんなときは、何を言っても頭に入ってこないもの。それなら、いっそ、悲しみを分かち合うように、何も言わずそっと寄り添うのがよいのでしゃないでしょうか。

【参考記事】彼氏をとろけさせる添い寝テクニック▼

カップル必見!彼氏をとろけさせる添い寝テクニック7パターン

【6】「いい女とヤルときは立たないって言うから…」

冗談を言える雰囲気だったら、「いい女とヤルときは立たないって言うから…」と、男性の肩の荷を下ろしてあげるのもいいでしょう。

決してあざ笑うような言い方や、なぐさめるような言い方をしてはいけません。

あくまでも、軽く冗談で流すように言ってください。

【7】「忘れてた、私、今日から生理だった」

男性にハジをかかせないように、「忘れてた、私、今日から生理だった」と言ってあげてください。

たとえそれがウソだと分かっても、男性はその言葉に救われ、受け入れてくれるでしょう。

それが女の優しさというものです。

勃たない彼に上手な言葉が掛けられるようになったら、「ホンモノのいい女」と言えるでしょう。

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks