ターンオーバー(新陳代謝)の周期を整える方法
ターンオーバー(新陳代謝)の周期を整える方法

ターンオーバー(新陳代謝)の周期を整える方法

「ターンオーバー」とは、肌の生まれ変わり(新陳代謝)のこと。ここでは、ターンオーバーが早まったり遅くなったりする原因と、周期を整える方法をご紹介しましょう。

Pick up
続きを読む
公開日:

ターンオーバーとは

「ターンオーバー」とは、肌の生まれ変わり(新陳代謝)のこと。

皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は下から「基底層」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層」「角質層」と4つの層に分かれています。

基底層でできた肌細胞が表面に押し上げられて角質層に到達し、最後はアカとなって剥がれ落ちるサイクルがターンオーバーです。

ターンオーバーの日数は個人差があり、体のパーツによっても異なりますが、顔の場合は基底層から顆粒層までが約14日間で、角質層で剥がれ落ちるまでが約14日間、合わせて約28日です。

ターンオーバーとは

ターンオーバーが乱れる原因

①加齢…一般的に、加齢とともに新陳代謝が低下するため、ターンオーバーの日数は長くなります。

30~40代になると45日程度とも言われています。年齢とともに日焼けや傷の回復が遅くなるのもこのため。

②ストレス…ストレスがかかると血流が悪くなるため、ターンオーバーが遅くなってしまうことも。

③睡眠不足…ターンオーバーがおこなわれるのは睡眠中です。質・量ともに十分な睡眠がとれていないと、肌の生まれ変わりがスムーズにおこなわれません。

④栄養不足…肌細胞をつくるのに必要な栄養素が不足すると、ターンオーバーも滞ってしまいます。

⑤間違ったスキンケア…洗顔をするときにゴシゴシこすると、必要な角質まで、はがれてしまい、それを補うためにターンオーバーが早まってしまいます。

ターンオーバーを整えるには

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても肌トラブルの元。整えるためには、まず日常生活やスキンケアを見直してみましょう。

ストレスをためないようにする、十分な睡眠時間を確保する、やさしくていねいに洗顔するetc…できることから始めましょう。バランスの良い食生活も大切。

肌細胞の材料となるタンパク質(肉、魚、卵、乳製品、豆類など)、ターンオーバーを促してくれるビタミンA(緑黄色野菜、レバー、卵など)やビタミンC(野菜、果物、いも類など)、血行を良くしてくれるビタミンE(かぼちゃ、アーモンド、アボカドなど)をバランス良く摂取するようにしましょう。

ターンオーバーを整えて、いつまでも若々しい美肌をキープしたいですね。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks