いつもは冴えない友人の意外な一面にキュンとくる瞬間
いつもは冴えない友人の意外な一面にキュンとくる瞬間

いつもは冴えない友人の意外な一面にキュンとくる瞬間

困ったときに助けてくれたり、まだ起きなくていい時間に起きて起こしてくれたり…男友達にキュンとしたエピソードをご紹介!

Pick up
続きを読む
公開日:

冴えない男友達にキュン

深夜に甘いものが食べたくなって 近くのコンビニへ来たはいいものの、 入り口付近にたまっていた 酔っぱらいの青年たちに絡まれてしまった。

「おねーさん、ひまなの?」 「あそぼーよ」

黙れクソガキ共!

と思っても、 とても口には出せないので 黙りを決め込んで 強引に通過しようと足を踏み出した瞬間、 後ろから手を引かれた。

「この人、僕の連れだから」

そう言ったのは 昔からの男友達。

青年たちは 「ごめんなさーい」 なんて言いながら去っていって、 それから手は離された。

いつもは冴えない奴なのに、 今日はなんとなく凛々しく見えて、 キュン。

男友達との電話にキュン

男友達との電話にキュン

とくに用事があるわけじゃないけど、 何かと電話をしたり 連絡を取る男友達に

「○○の声結構好きなんだよね。  落ち着くっていうか。(笑)」

と、 突然電話を切る間際に言われたとき。

「うわ、俺きもちわるーーーー!笑」 って照れてるとき。

「ほんとにきもちわるい(笑)」 だなんて言い返したけど、 本当はキュンとした。

そんなこと思ったとしても 口には出さない関係だと 自分の中で思っている相手に 言われるというのは大きい。。

午前1時頃、 もう寝ようかなと思い布団に入ると 電話が鳴る。

「寝てた~?今バイトの休憩中~!  暇だからさー○○起きてるかなーって思って!」 「あ、ごめんもしかして起こしちゃったー?」

と絶対に悪いとは思っていないことが 伝わってくる程のテンションで べらべらと話し始める。

でも本当は少し嬉しい。

ほんとにどうでもよいような 他愛もない会話をして、 いつも電話は終わり。

そして必ず最後に 「ちゃんと寝るんだよっ。おやすみ。」 と言う、彼。

そのときだけ 少し優しい声色になるから いつもキュンとしてしまう。

「じゃあおやすみ、  明日は~、3限からだから~9時起き?   そう、俺○○のもう覚えたんだよ!」 と 自分の生活サイクルを知っていたとき。

「起きる時間近いときは起こしてね!」 って頼まれたとき。 「○○起こすために  ○○が起きる5分前に目覚ましかけたの!  ねえ、俺えらくない?!?!」

って起こしてくれた後に言われたとき。 (彼はほんとはまだまだ寝ていられた)

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks