色気のある服装って?セクシー系女性を参考にご紹介!
色気のある服装って?セクシー系女性を参考にご紹介!

色気のある服装って?セクシー系女性を参考にご紹介!

男性にモテる女性は美人や天才である必要はありません。顔立ちや才能ではなく、自分の力で身に着けた色気が自然と異性を惹きつけている、そんな人もいます。彼女たちの共通点の一つに服装をおろそかにしない点があげられます。ここからは色気のある女性が着ている服の特徴と、具体的な服装の例をご紹介します。セクシーなイイ女に近づくために、ぜひ活用してくださいませ!

Pick up
続きを読む
公開日:

清潔感がありシンプルな服装が基本

心理学用語に「ハロー効果」なるものがあります。

相手の印象を決める際、人は無意識のうちにもより目立つ特徴に意識が向きがち。

さらにその特徴が相手の他の印象をも左右してしまう傾向を、そのように呼んでいます。

要するに人は外見で人の性格や実力まで推測してしまう傾向があるんです。

ぼさぼさの髪にゆるゆるのTシャツ、ゆるゆるのズボンの人と、ビシッとスーツを着こなした清潔感あふれる人。

たとえ同じ人物でも印象はまるで違いますよね。

服装はその人の印象を大きく左右します。

ですから「この人は色気がある」と思われる女性は決して、服装に無頓着なタイプではありません。

かといってファッションショーの舞台に立つモデルさんたちのような個性を優先した服や、一目で派手と分かるものは身に着けていません。

彼女たちの着る服は私服であれ、仕事用のものであれ、あくまで清潔感があるシンプルなものが基本です。

色気はメイクやヘアスタイルなどが一体となり、互いに引き立てあった時ににじみ出てくるもの。

さらに世の男性の大半は派手な服装にドン引きします。

そのためシンプルの範囲を超えた服装では色っぽい仕草をしても意識がそこに向かなかったり、セクシーな言葉をさりげなく口にするや「遊び人?」と勘違いされたりする可能性があります。

服装の基本は清潔感がありシンプル。

そのような服装が男性から「色っぽい」とか「色気がある」とか思われるものなのです。

まずはこの点をおさえておく必要があります。

程よく隙のある、品のある服装

さらに日本のメンズの皆さんが性的に強い魅力を感じる服装。

つまり色気を感じる服には別の傾向もあります。

メンズの皆さんは見えそうで見えない服、想像力をかきたてるものほど強い色気を感じます。

そのため身近にいるセクシーな女性とはえてしてシンプルな服装でありながら、際どいデザインのもの、肩やバストなどが「もう少しで見えるのではないか?」と思われる服を着ています。

逆にあまりに肌や体の部位が露出している服装は好まれない傾向にあります。

大人の男性は相手に品を求めます。このような服には品がない点も、男性に好感を持たれない理由の一つです。

隙はあるけど、ある程度の品があり、シンプルな服。

それが異性から「色っぽい」とか「色気がある」とか思われる装いであり、これは洋服和服を問わずあてはまります。

そのためセクシー女性の代名詞になっている峰不二子のように、「大きな胸を遠慮くなく見せ、露出の多い服を着た美女にならなければセクシーとは思われない」との考えは大きな誤解です。

男性の好みも本能も、そんなに単純ではないようです。

体のラインが分かる服装

世のセクシーな女性は体にぴったり張り付くような、シンプルな服を好んで着ている傾向があります。

世の男性もそのような服を色っぽく感じます。

ぴったり張り付くような服は体のメリハリの分かる、美しいシルエットを作り出します。

さらに薄い布地の下に、女性の肌が隠されていると容易に連想でき、想像力がかきたてられます。

これらの理由から日本人男性はボディラインが分かる服に否が応にも性的な魅力を感じてしまうのかもしれません。

ちなみに「体のラインが浮き出る服は体重が重いと逆効果になるのでは」との考えも誤解です。

メンズの皆さんの大半がやせ過ぎではなく、程よく肉付きの良い体型を好みます。

モデル体型ではなくとも、出るところはそれなりに出て、引っ込むところはそれなりに引っ込んでいる。

そんな体型に大勢の男性は曲線美を感じ、色っぽさを感じます。

そのためやせ過ぎの女性をベストとうたうファッション雑誌や、ちまたに氾濫する出所不明の情報は世の多くの男性の本音をくんでいない可能性が高いと言えます。

女性らしさを感じさせる服装

本当に色っぽいと言われる方たちを観察すると、多くが女性らしさを感じさせる服を着ています。

たとえば普段からシンプルで、品のある、淡く目に優しい色を使った上着や、スカート、あるいはズボンなどを身に着けている傾向にあります。

実は男性は異性を感じさせる服もセクシーと感じます。

逆にくすんだ黒や灰色など、男っぽい色のTシャツにジーパンを、ゆるゆるに身につけ、頭には少年ぽい帽子。

これではたとえ色っぽいメイクをしていても、服装と表情がアンバランスなため、男性はセクシーとは思いません。

性差をなくそうとの活動が活発な現代ですが、男性の本能はそう簡単には変わりません。

今も昔も世の男たちは性的な魅力を感じた時や艶(なま)めかしさ、濃密な色香を感じた時、相手に色気を感じます。

言葉を変えれば男性が身に着けないデザインや色であり、女性らしさを感じさせるものである服がセクシーに思われるもの、と言えます。

時代に合ったデザインの服装

自分の性を否定しない、自分の性に合ったものを選んで着こなす。

その点が大切であると先ほどお伝えしましたが、服のデザインには流行りすたりがあります。

祖母や母親の時代に女性らしいと思われていた服装を今の時代の方が身につけたとしても、いまいち女性らしいとは思われず、センスが古い人と思われがちです。

なお着物は女性らしいと思われやすく、日本古来の服でもありますが、現代は洋服を着る女性が大半です。

いくら女性らしさを連想させるとはいえ「私服は常に和服!」

これでは毎回毎回、色っぽいと思ってくれる男性も減っていくでしょう。

母親世代のOLが着ていた流行りの服も、今では残念ながら古風な服装です。

セクシーな女性は流行を追わない、とよく言われてますが、本当に全く追わないセクシー女性もいません。

たとえ母親世代と同じくズボンやスカートを身に着けたとしても、当時女性らしいと言われていたデザインや色合いまで参考にする必要はありません。

性別だけでなく、時代にも合わせた服を着る点も、当たり前に思えるかもしれませんが、とても大切なポイントです。

自分に似合う服の見極めが肝心!

さてここまでシンプルな外観や作りのもの、自分の性や時代に合わせた服が大切などなど、お伝えしましたが、いつもいつもそのポイント全てを満たそうとする必要も、実はありません。

周りにいるセクシー系の人たちがどのような格好をしていても、そのファッションやデザインがあなたにしっくりきていなければ、色気も半減してしまう恐れがあります。そんなの悲しいですよね。

確かにシンプルな服を着たり、流行遅れのデザインの上着を羽織ったりしない点は重要かもしれませんが、だからといって、あなたの気持ちや価値観をおろそかにしてはいけません。

セクシー路線からは外れていると思われているかもしれないけれども、時には自分がセクシーと思う服を着てみる、これも実は大切にしたい点なんです。

なぜならセクシーな女性は必ず「自分に似合う服を着ている」からなんです。

「自分に似合う服を見極めて、それを身に着けている」

これもまたセクシー系女性に共通しているコト。

自分に似合わない服を着てもセクシーとは思われないのですから、当たり前といえば、そうですよね。

さらに人は髪型やフェイスメイク、ボディラインが一定ではありません。

ですからなおさらその時、その時に合わせた服を柔軟に着こなす。

これがひょっとしたら一番、重要な点かもしれません。

季節別!セクシー系の服装

最後にセクシーと言われる女性たちが着ている服装の例をご紹介します。

「自分に似合う色っぽい服が何か、いまいちはっきりしない」と思われていた場合はぜひ参考にしてくださいね。

なおそれぞれの服のカラーは女性らしいもの、ご自身や季節に合わせたものでOKです。

春&夏

・デニムジャケット+シャツ+パンツ

・カーディガン+シャツ+パンツやスカート

・ワンピース+デニムジャケット

・シャツやブラウス+ややショートか、あるいはロングスカート

・ロングワンピース

秋&冬

・Vネックニット+ややショートかロングスカート

・ワンピース+トレンチコート

・レザージャケット+シャツ+ややショートかロングスカート

・ジャケット+シャツ+スキニーパンツ

まとめ

いかがでしたか?

セクシー系女性の服装のポイントと具体例、これまで考えていたものとは異なるところがあったかもしれませんね。

お気づきかもしれませんが、色っぽい女性は特別な服装はしていません。

特に目立つわけではなく、浮いているわけでもない、周囲にさりげなく溶け込んでいる服装。あるいはその人にしっくりくる控えめな服装をしているだけなのに、なぜか目が離せない。

それが彼女たちセクシーな女性たちです。

ですからセクシー女性たちの服装を取りれたいと考えているならば、普段の服装をちょっと見直すだけでOKなんです。

かつてナポレオンは「服装は人格を決める」と語りました。

古くから服には人の行動を左右する効果があると認められていました。

服は入浴中を除けば、ほぼ必ず身に着けるもの。

一日に何十時間も、一生のうちに数えきれないほど着るものだからこそ、ほんの少しの見直しの手間を惜しまず、あなたの人生に色どりを加えてくれる色気をかもしだす服を着たいものですよね。

この記事があなたの日々を、少しでも魅惑的で華麗なものにできたならば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks