色気メイクは季節ごとの使い分けが肝心!春夏秋冬別メイク
色気メイクは季節ごとの使い分けが肝心!春夏秋冬別メイク

色気メイクは季節ごとの使い分けが肝心!春夏秋冬別メイク

石原さとみちゃんみたいな色気のある女になりたい。そう思いながら、夏も冬も同じメイクをしていませんか。メイクにも季節ごとに映えるものと、そうではないものがあります。ここではその季節に合った色気を、メイクで簡単に出すポイントをお伝えします。実行後、いつの季節も一番キレイでベストな自分を、大切なあの人に届けてあげられるようになるかも!?

Pick up
続きを読む
公開日:

色気メイク:春夏編

季節ごとにメイクを変えるなんて、と思うなかれ。

四季に応じて服を変えるように、メイクも変えると得する理由がちゃんとあるんです。

実は男性が色気を感じる部位は顔。

その顔を年中同じにしていたり、葉が散る秋に真夏のような派手なお化粧をしていれば、せっかくの魅力も減少してしまいます。

たかがメイク。されどメイクです。

メイクに泣かずにすむように、ここからはまず春夏だからこそしたい、色っぽく見えるメイクの方法を各部位ごとにご紹介します。

春~夏は色とりどりの花が咲き、ピンクや緑色など、明るくて暖かい色が周囲にあふれます。

周囲の人々も元気で陽気なムードになっているため、太陽に負けないくらい晴れやかな色を使ったメイクが色気アップにも効果的です。

この傾向を前提に、季節の雰囲気を取り入れた色気の出し方を解説していきます。

目元:アイシャドウとアイラインで季節をまとう

そもそも色気のあるメイクとはどんなものなのか。

それはセクシーさや性的な魅力をも感じさせるもの。

子供っぽさとは対極にある、大人の魅力あふれるお化粧です。

そのようなメイクは決して派手なものではありません。

今の時代に色っぽいと感じさせるお化粧とは季節を問わず、基本はナチュラルメイク。

そこに季節に応じた色合いのアイシャドウや口紅を付け足していく。

これが今時の色気をかもし出すメイクです。

春夏に色気を出す、流行りの目元メイクはこの点を抑えておく必要があります。

意中の人を見つめたり、流し目をしたりと、セクシーな仕草をするときに、一番重要になる目。

アイシャドウやアイライナーを使って、アイメイクは念入りに行いましょう。

アイシャドウ

まばゆい色が目立つ季節に合わせて、明るい色か、さわやかなカラーを中心に。

上まぶたに塗る色としてはピンク系や薄いレッド系の他、オレンジ系の色を取り入れると、ぐっとセクシーに見えます。

さらに6月前後から咲き誇る、ラベンダーと同じ色を使ったアイシャドウもおすすめです。

その季節に咲く、美しい花の色に合わせたなら、あなたは美しい自然と一体化し、とてもセクシーに見えます。

真夏にのぼる太陽のようなイエローのアイシャドウも、上まぶたのと、下まぶたを飾る色としておすすめです。

アイライン

日本中で木々が生いしげる季節でもある春と夏ですから、グリーンカラーのアイラインはあなたの流し目や伏目に色気をプラスしてくれます。

アイシャドウをひかえて、上まぶたに太陽のようなイエローカラーでアイラインを引き、下まぶたは生き生きとしたグリーンカラーを引く。

あるいは上下のまぶたに薄いレッド系かピンク系のアイラインを引いても、あなたの目元はセクシーさをかもしだします。

なおアイシャドウ、アイラインともに、ポイントは自己主張しすぎない色を使う、です。

最初にお伝えした通り、あなたをセクシーに見せるメイクとはナチュラルなもの。

目元はあくまでさりげない自己主張を心がけてくださいね。

時にまつ毛をいっぱいに盛って、アイシャドウもアイラインも濃い色を使われる方がいらっしゃいますが、あまりに目元を強調しすぎると、見る側に圧迫感を抱かせたり、厚化粧と思われたりします。

まつ毛が短くて少ないからと、マスカラをたっぷり塗ったり、つけまつげをこれでもかと付けたりは控えましょう。

何事も過ぎたるはなお及ばざるが如しなのです。

唇:軽やかで暖かなカラーのリップがおすすめ

暖かな日差しの中で映える口紅の色とはオレンジ系や薄いレッド系です。

化粧のプロが採用するリップの塗り方とはクチビルの中央を一番濃くし、端にいくほど薄くしていくもの。

特にレッド系は薄いものであれ自己主張が強いため、唇全体を同じ濃度にしてしまうと、どうしても人の視線は口元にばかり集まりがち。

肝心の色っぽい目元が目立たなくなる恐れもあります。

それではせっかくはりきって買ったアイシャドウやアイライナーが台無しになってしまいますので、お気をつけを。

さらに気をつけたい点を一つ。

夏は秋や冬と同じく乾燥が気になる季節です。

ガサガサの唇では、せっかくの色っぽいカラーの口紅が泣きます。

保湿重視のリップクリームを利用したり、できるだけ質の良いオイルや唇パックを試してみたりして、水分の多いぷるぷるのクチビルをキープしましょう。セクシー女性の中にはワセリンを塗る方もいます。

もし暖かい季節の唇の荒れにお悩みであれば、ぜひこれらの手を実践してみてくださいね。

肌:ファンデーションは素肌に近いものを

顔全体をおおう素肌。

そこに生肌の色とはかけ離れたファンデーションを厚く塗ってしまえば、ナチュラルメイクとは程遠くなってしまいます。

さらに夏は一年で一番、汗が出やすい時期。

汗とともに化粧が流れ落ち、ファンデーションとはまるで違う色の素肌が出てくれば、彼であれ友人であれびっくりしてしまいます。

ベースには出来る限り素肌と一体化するような色のフェイスパウダー、もしくはリキッドタイプのファンデーションを選びましょう。

さらにベースメイクの場合、他にもいくつかのポイントをおさえておく必要があります。

・血色感やツヤ感を意識。

乾燥していたり、血色が良くないように見えるメイクはセクシーなものではありません。

チークやファンデーションを塗る前に、十分に保湿し、さらにビタミンもたっぷりとって、血色も良くなるようにしておきましょう。

それだけで化粧のノリはずいぶん変わりますよ。

・女性らしさを意識。

個性がウリの芸能人のような、奇抜なメイクをする必要はありません。

世の大半のメンズは唇も肌も、女性らしい柔らかそうなものこそ色気があり、魅力的と思っています。

・陰影をつけよう。

目元と口元はリップやアイシャドウのおかげで適度に目立っているけど、他はのっぺり・・・・

これではちょっと寂しいですよね。

そこで頬にチークを入れて顔にメリハリを持たせましょう。チークは顔をシャープに見せたり、活発に見せる効果もありますから、ぜひ活用したいですよね。

カラーは春や夏に合う、淡いピンク系やオレンジでいかがでしょうか。

色気メイク:秋冬編

さて、ここからは一年の後半。

徐々に寒くなってくる秋と、寒さの厳しい冬に適した色気メイクをご紹介します。

春と夏のカラーは快活で、さわやなものがポイントでしたが、秋と冬は落ち着きを重視したものがおすすめです。

寒い時期は一年の終わり、あるいは春を待つ季節であるため、人々の気分は陰に傾きがち。

そこであえて派手で明るいカラーに挑むよりは、周囲に合わせた陰系の色を選ぶ方が周囲から浮かずにすむだけでなく、見る側に色気をも感じさせます。

目元:マットなカラーで魅了しよう

「流し目」「上目遣い」「見つめ合う」「視線をふいにそらして下に流す」「伏目」など。

目の絡む色っぽい仕草は季節を問わず有効です。

さらに目元は一年を通して、自宅でも職場でも注目されがちな部位。

目元のメイクは春や夏に劣らず重要です。

一年の前半と変わらず、後半もアイシャドウやアイラインにはこだわりましょう。

アイシャドウ

上まぶたには落ち葉や木の色を連想させるブラウンの他、ごく淡いローズ系の色がおすすめです。

派手さをおさえたマットな色合いでもあるため、あなたの目元を落ち着いた印象にしてくれます。

そのため流し目などの仕草をした時、きちんと相手にセクシーと思われるはずですよ。

眉毛もアイシャドウもブラウンの場合はお互いのカラーに統一感が出るだけでなく、どちらも季節にしっくりくる色のため、目元にいっそうの深みを与え、色気のある仕草の効果をより高めてくれるでしょう。

逆に季節感を無視したケバケバしいカラーでは相手に違和感を抱かせ、セクシーに思われる機会が減ってしまう恐れがあります。

アイライン

できるだけ眉に近い色がおすすめです。

秋や冬、人々は黒や紺色のような、無色系あるいは寒色系と言われる落ち着いた色の服を多用します。

メイクのカラーもこれにならうと、あなたの顔にもいっそうの落ち着きを与え、色っぽい仕草をしたり、セクシーな台詞を口にした時はもちろん、ささいな仕草にも色気を与えてくれます。

「下まぶたにもカラーを入れたい!」と思う場合もまた黒やブラウンをおすすめします。

ナチュラルメイクを心掛け、カラーは季節の雰囲気に合ったものを。

これは一年を通して有効な、色っぽいメイクをする際の基準なのです。

唇:濃い赤系のリップで魅力アップ

花枯れ、落ち葉散る季節のリップ。

この時期にセクシーな女性たちが引く口紅の色はボルドーやワインレッド、ディープレッドのような濃い赤。

赤色はリップカラーの王道とも言える色ですが、一年の後半は派手さはなくとも、濃い赤のような落ち着きや濃厚感を抱かせるものがおすすめです。

目元に落ち着いたカラーのアイシャドウなアイラインを使用しているならなおさら、自己主張し過ぎない色を選ぶ。

これが重要になってくるのです。

さらに秋冬は他の季節以上に唇の乾燥、ひび割れ、かゆみに悩まされやすい季節ですから、口元のケアもマメに行いたいもの。

口元の乾燥は体内の水分不足や、唇のケア不足から引き起こされますから、春夏同様、保湿効果のあるリップクリームを利用したり、水分をこまめに補給したり、できるだけ暖かい服装をして血色の良い状態を保ったりしましょう。

唇は大変デリケートな部分。

ちょっとした刺激や季節の変化などに敏感に反応してしまうものなのですが、イギリスの大学が行った実験によると、男性は女性を10秒見つめた場合、そのうちの7秒は唇を見ていると判明しました。

それほど異性から注目される部位でもある唇。

性的な魅力を放ち、思わずキスしたくなるクチビルとは水分に満ちた、ぷるぷるで柔らかい状態のもの。

寒くなってきたら、こまめに水分補給や手入れをして、出来るだけ長く素敵な状態にとどめておきたいものですよね。

肌:血色感やツヤ感重視のナチュラルメイクをしよう

寒さの厳しいこの季節。

肌はまず第一に血色感やツヤ感を大切にしましょう。

多くの人が血色の悪い肌をさらしがちなこの季節に、春夏と変わらず血色感やツヤ感を出している女性はひときわ魅力的に感じさせます。

肌のベースメイクはこのツヤ感などを隠さない程度のもの、やはりナチュラルメイクを忘れずに心掛けましょう。

今時のセクシーな女性は過剰に化粧に頼ってはいません。

セクシーではなく、ド派手な人と思われないためにも厚化粧はさけたいもの。

ファンデーションは出来る限り素肌と一体化する色を選びましょう。

唇同様、肌も乾燥しやすいため、ファンデーションを塗る前に保湿性の高い下地を使用して、少しでも皮膚の乾きを防ぐ点も大切です。

さらにチークで頬に凹凸を出しましょう。

おすすめカラーはごく淡いベリー、ベージュやピンク系。

これらはどれも赤系の口紅に近い色です。

顔の下半分に統一感を持たせれば、それぞれのメイクがお互いを引き立て合い、あなたをさりげなくも艶めかしい、セクシーな女に演出してくれますよ。

まとめ

フェイスメイクの重要なポイントは目元・口元・肌&頬です。

この記事ではその全てに、どのようにすれば季節に応じた色気メイクがほどこせるかをお伝えしました。

顔はあなたの第一印象を決める上で、一番大切とも言える部分です。

その顔をこの記事を参考に丁寧にメイクし、ついでに色気のある仕草や台詞もさらっとこなせるようになれ、あなたはセクシー女性へぐっと近づけたも同然です。

いつもテレビで見ている、あの芸能人みたいになりたい、あんな色っぽい美人に私もなりたいとお思いなら、思い立ったが吉日です。

「さっそく形からセクシー女性に近づき、徐々に内面も」なるプランはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks