コンドームの正しい装着方法を知って避妊&性病予防しよう!
コンドームの正しい装着方法を知って避妊&性病予防しよう!

コンドームの正しい装着方法を知って避妊&性病予防しよう!

避妊といえば、まず思い浮かぶのがコンドーム。コンドームは日本で最もポピュラーで手軽な避妊法ですが、あなたの彼はコンドームを正しく使えていますか?コンドームによる避妊での1年間の失敗率は、理想的に使用した場合で2%ですが、実際には間違った装着法や破損などによって失敗率は15%にも及びます。 「コンドームで避妊しているから大丈夫」と思いがちですが、正しい使い方をしていないために避妊に失敗してしまう人は少なくありません。ここでは、望まない妊娠をしないために、コンドームの正しい装着法をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

コンドームの正しい装着法①

①個包装の中のコンドームを端に寄せて、反対の端を破って傷をつけないようにコンドームを取り出します。

コンドームはデリケートなので、勢いよく破ると傷つく恐れがあるので注意が必要です。

コンドームの正しい装着法②

②ペニスが十分に勃起した状態で、コンドームの裏表を確認して、先端部分の精液溜めの空気を抜いてから、亀頭の先端にぴったりと密着させます。

ゼリーが入っているタイプだと、空気が入りにくくなって簡単に空気抜きができます。

コンドームの正しい装着法③

③ペニスの皮を根元まで下げて、爪が当たらないようにコンドームをゆっくり下までかぶせていきます。

爪などで傷がつくと、挿入中の破損の原因になってしまいます。

コンドームの正しい装着法④

④コンドームをつけたままペニスの皮をいったん亀頭の方へ寄せて、またコンドームを下まで巻き下ろすという行為を繰り返します。

これでコンドームとペニスが一体化して外れにくくなります。

陰毛を巻き込まないように、必ず根元までかぶせます。

コンドームの正しい装着法⑤

⑤射精をしたら、精液がもれないようにコンドームの根元を押さえながら、速やかに腟から抜き出して、コンドームの口を縛って捨てます。

コンドームの連続使用は不可。その都度新しいものを使用するようにします。

腟内に挿入する前から装着することが大切

コンドームは、腟内に挿入する前から装着することが大切です。

そうしないと避妊効果が低下してしまいます。

コンドームの保管方法にも注意が必要です。

財布の中に入れている人もいますが、摩擦などによってゴムが劣化して破れやすくなってしまうのでNG。

また、コンドームには使用期限があるので、パッケージに記載されている使用期限を守るようにしましょう。

コンドームの正しい使用と保管方法で、より確実な避妊を心がけましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks