お風呂上がりには5分以内にケアを!乾燥しないための美肌ケア術
お風呂上がりには5分以内にケアを!乾燥しないための美肌ケア術

お風呂上がりには5分以内にケアを!乾燥しないための美肌ケア術

お湯に浸かると、お肌に潤いを与える役割を果たす保湿因子が流れ出てしまうので肌が乾燥しやすい状態になっています。お風呂上がりは5分以内にケアを!

Pick up
続きを読む
公開日:

お風呂上がりの肌は乾燥しやすい

お風呂から上がったらすぐに服を着たいから、ゆっくりボディケアなんてしていられない!なんて思っていませんか?

お風呂でお湯に浸かれば肌は潤っていると思いがちですが、実は入浴直後は想像以上に肌の乾燥が急速に進んでしまうのです。

お湯に浸かると、お肌に潤いを与える役割を果たす保湿因子が流れ出てしまうので、入浴後は入浴前よりも肌が乾燥しやすい状態になっています。

さらに、体を洗うときにボディブラシなどでごしごし肌をこすったりなど強い刺激を与えると、肌表面が傷ついて水分保持力が低下し、ますます肌の乾燥を招いてしまうことに。

また、お風呂のお湯が熱いと、肌を乾燥から守る皮脂が抜けやすくなり、一層乾燥させやすくなってしまいます。

お風呂上がりの肌は美容成分が浸透しやすい

入浴後の乾燥を防ぐためにはローションや乳液、クリームなどで保湿をしましょう。

お風呂上がりの肌は、汚れが落ちて毛穴が開き、柔らかくなっているので、美容成分が浸透しやすい状態。

日々の丁寧なケアを継続することによって肌に潤いが満ちてくるようになります。

パーツ別ケア法

腕や脚など乾燥しやすいパーツは、ローションで水分補給を行った後にクリームを塗り、乾燥が気になる部分はクリームの重ね塗りを。

ヒップの下あたりの脚の付け根は、座ることによって血流が悪くなったり摩擦による刺激を受けやすいため、肌が硬くなったり黒ずんだりしやすい部分です。

ビタミンCなど美白効果のある成分を含んだクリームを塗ってマッサージするとよいでしょう。

ひじやかかとも乾燥して黒ずみやすい部分。乾燥がひどい場合はワセリンを塗ってラップを10分程度かぶせておくと効果的。

黒ずみ予防には、週に1~2回程度スクラブを使用するのもよいでしょう。手にもクリームやワセリンを塗って、手の甲から指先に向かってらせんを描きながらマッサージをしてなじませます。

浴室内ケア法

浴室内でできるケアとしては、バスタブから上がってまだ体に水分が残っている状態でオイルを塗るという手もあります。

今どきのオイルは、べたつき感のない優れたものがそろっているので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

入浴後の丁寧なボディケアで、かさつき知らずの柔肌を目指しましょう!

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks