セックスの回数に満足できない!男性よりも性欲が強い肉食女子の対処法
セックスの回数に満足できない!男性よりも性欲が強い肉食女子の対処法

セックスの回数に満足できない!男性よりも性欲が強い肉食女子の対処法

“女性は男性よりも性欲が強い”という説があります。信憑性があるかどうかはさておき、パートナーとのセックスで「回数が足りない!」と感じたことのある女性はどのぐらいいるのでしょうか?今回は女性を対象に、「一日のセックスの回数に、満足できなかったことはありますか?」と質問。「ある」と答えた方には、理由やそのときの対処法、さらに続けるための誘い方を聞いてみました。

Pick up
続きを読む
公開日:

エッチ・ラブタイムについてのアンケート

Q.【女性に質問】一日のセックスの回数に、満足できなかったことはありますか?

回答時期:2014.01.04〜2014.01.17|101名が回答

ある:81名

ない:20名

理由を教えてください。また、満足できない時の対処法や、2回目以降に進むためのパートナーへの誘い方は?

ある

だんだん気持ちよくなってきて、もっと気持ちよくなりそうだったのに、彼が疲れて終わってしまったから。「次、ダメ?したいな」と言ってみる。でも、最近二回目はない。

時間があまりに短くて、物足りない気がしたから。2回目はパートナーの様子をみて、もう一回したいとストレートに伝えてます。

時間はあったのに彼がお疲れで・・たった1回だったこと。ひとりでお休み前に我慢できなくて、彼を思い出してローターで(-_-メ)。お泊まりの時は、「いっぱい愛してね」と彼に伝えて3回はいたします。

生理の少し前は、彼が中へ出して私がイッても、またしたくなります。(~_~;)彼のあそこをお掃除して、体を触れ合い続けながら、あそこをゆっくり擦って、むっくり硬くなるようにしてます。3回目も中へ放出してもらえるようにしてます。

排卵日前後や生理の前は、もっとしたいと思うことがあります。だから、生理前にはゴムなし挿入で、中への放出OKにしてからは、2回戦はするようになりました。

ない

一人でやる

「もう1回!」と可愛く頼んでみる

彼が必ず私の体をいたわりながらも3回はするので満足

自分から キスしたり彼の身体を触ったりして誘う

総回答者数は101名のうち、「ある」と答えたのは81名で全体の80.2%。対して「ない」は20名で19.8%でした。8割以上というのはかなり多い数。それほどの女性が、少なくとも回数においては満足できなかった経験があるというのは、男性には耳の痛い話なのではないでしょうか。

体のリズム、好み、テクニックの問題

満足できなかった(回数が足りないと感じた)理由としては、「彼が早漏気味だったから…」、「相手が淡白で自分はなかなかイケない」、「彼の問題というよりは、排卵日前後や生理の前はもっとしたいと思うので」など、体のリズムやエッチの好みが合わなかったからという声が。また、回数というよりは、「相手があまりにも下手で、物足りない」と、相手のテクニックが物足りなさの理由として挙げる方もいました。

まずは彼に伝えること

しかし、これだけで「カラダの相性が悪い」と切り捨てるのはあまりにも性急です。それらへの対応として、回答者の方々はこんなことを試していました。

まずは、素直に言葉で訴えるという方法。「もう1回しよって誘います」、「パートナーの様子をみて、もう一回したいとストレートに伝えてます」、「『もう1回』っておねだり」など、さらに積極的に、言葉だけではなく何らかのアクションを起こす方もいました。

「くっついていき、自分から迫る」、「彼のを無理やりフェラして元気にさせます」、「もう一度大きくなってもらいます、といって彼のをいじる」など、どちらのほうがいいかは、相手の性格やそのときの体力にもよりますが、どちらにしてもあまり強引に迫りすぎると逆に萎えてしまいます。繊細な相手だったら、下手をすると勃起しないことに落ち込んでしまうこともあるでしょう。積極的になるのは大事ですが、少し「ちょっかい」を出してみて反応がないようだったら、別の日に再チャレンジしたほうが無難といえそうです。

また、自分で何とかしようという方もいました。「彼がお風呂に入ってるうちにオナニーをする」、「となりでスカイビーンズでします」など、相手も人間ですから、「やりたくても、どうしても無理!」というときもあるでしょう。そんな時は、ただ悶々とするより自発的に何かするというのは、パートナーにも優しい手段といえるかもしれません。女性から求められるのは男性にとって嬉しいことですが、心ではそう思っても体がついていかないときもあります。一度ついてしまった火を消すのはなかなか難しいものの、それも次回への前戯だと考えれば前向きに捉えられるかもしれませんね。

【記事提供:ラブリサーチ】
ラブサーチは、女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイトです。
【オススメ記事】
★Hの時間に満足しているのは○%?
★パートナーと不一致…これだけは許せない事とは
★Hを誘うのは夜●時間までなら許される
★女性の官能小説購読率は約●%
★セックスでアダルトグッズ…女性のほうが興味津々!?

【関連記事】

セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには セックスで愛を深める方法~オーガズムに達して幸福感を得るには

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks