男性が「俺の彼女の方が劣っている」と思う瞬間9パターン
男性が「俺の彼女の方が劣っている」と思う瞬間9パターン

男性が「俺の彼女の方が劣っている」と思う瞬間9パターン

男性はついつい人の彼女を見たとき、自分の彼女と比べて「俺の彼女の方がイイ女」などと考え、ニヤリとするものです。もちろん、その逆のガッカリパターンもあります。では、男性が「俺の彼女の方が劣っている」と思うのはどんな時でしょう?

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】胸が小さかったとき。

男性は本能的に胸に目がいってしまうようで、「友人の彼女の胸を見たとき、負けたと思いました。やっぱり、胸が大きい方が良いですよね」(20代男性)、「彼女を連れてくると言われたとき、胸の大きさだけは勝っていて欲しいと願いました」(30代男性)彼のために、パットを入れてみますか?

【2】気が利かなかったとき。

料理を取り分けてくれたり、凹んでいるときに励ましてくれるなど、男性は気が利く女性に憧れるものです。

友人の彼女が気の利く行動をしたとき、ついつい「自分の彼女は?」と比較して、「自分の彼女の方が劣っている」と思ってしまうこともあります。

気が利く女性になれるよう、日頃から努力しましょう。

【3】わがままだったとき。

女性の小さなわがままもかわいいもの。しかし、他の女性と比べてしまうと「俺の彼女は、なんて幼稚なんだろう」とか、「俺の彼女は、やっぱりダメだ」と思ってしまうようです。愛嬌のあるわがままを小出しにするのが良いかもしれません。

【4】話し方が乱暴だったとき。

つつましい女性は格が違う…。そう思っている男性も多いものです。

「友人の彼女はとても女性らしい言葉遣いで話をします。

それに比べると、僕の彼女は上品さに欠けます」(20代男性)あなたの言葉遣いも、比べられていますよ。あまり乱暴な言葉は使わない方がいいでしょう。

【5】下品だったとき。

美しいマナーで食事ができる、立ち居振る舞いが優雅など、男性は上品な大人の女性に憧れます。

友人の彼女の上品な仕草を見たとき、ついつい男性は、自分の彼女と比べてしまうようです。

「自分の彼女はがさつなので、あいつに負けたと思いました」(20代男性)上品さは大人の女性への第一歩なのかもしれません。

【6】思いやりがなかったとき。

「電車におばあさんが乗ってきたとき、友人の彼女がさっと席をゆずりました。

自分の彼女はおばあさんを気にすることなく、おしゃべり。

女性として劣っているなと思いました」(30代男性)ステキな女性になるためには、思いやりの心を持ちましょう。

【7】服装がダサかったとき。

一緒にいるからには、おしゃれな彼女でいて欲しい。それは、男性共通の願いなのです。

だからこそ、あなたよりセンスのある服装をした女性が現れたら、男性は「俺の彼女の方が劣っている」と感じてしまいます。

彼好みのファッションを研究してみましょう。

【8】頭が悪かったとき。

誰だって、頭の悪い女性にはゲンメツするものです。

「友人の彼女がとても聡明な女性だったので、このまま劣っている今の彼女とつき合い続けていいかどうか、すごく悩みました」(20代男性)頭が良いというのは、勉強ができるという意味だけではありません。

回転が速い女性になる努力をしてください。

【9】整理整頓ができなかったとき。

「デスクの上がグチャグチャ」「バッグに何でも放り込んでいる」など、整理整頓ができない彼女を、男性は「劣っている」と思うようです。

「いつもキレイに片付けている女性は素晴らしいなと思います。

そんな女性を見ると、つい自分の彼女と比べてしまいます」(20代男性)あなたの机の上や、バッグの中も見られていますよ。

努力をして、彼が自慢できる女性になりましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks