バレンタインに対する男性の本音!女性が知らない9つのこと
バレンタインに対する男性の本音!女性が知らない9つのこと

バレンタインに対する男性の本音!女性が知らない9つのこと

バレンタインになると、義理チョコをたくさん用意したり、本命のためにチョコを作ったり、女性はとっても忙しい。でも、男性はそんなチョコをどう思っているのでしょう?そこで、今回は「バレンタインについて、女性が知らない男性の本音」のご紹介です。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】義理チョコだってすごく嬉しい。

「義理チョコなんてくれなくていいんだよ」とは言うものの、本音は、「義理と分かっていてもチョコをもらえると嬉しい」(20代男性)、「他の男性がもらっているチョコの数を密かに意識しているから、義理チョコでも数が多い方がいい」(30代男性)

【2】ひと言でもいいから、メッセージカードが付いていると嬉しい。

「たとえ義理チョコでも、『いつも、お世話になっています』と書いたカードが付いていると、嬉しくなる」(30代男性)、「メッセージカードが付いていると、つい、何度も開いて見てしまう」(20代男性)

今年は、チョコだけ渡すのではなく、メッセージカードを添えてあげましょう。

【3】ホワイトデーがめんどうくさい。

義理チョコでもいいからたくさん欲しいという人がいる一方、チョコはもらいたくないと言う男性もいるようです。

「チョコレートをもらうのは嬉しいけど、ホワイトデーを期待されているんだろうなと思うと、気が重くなる」(30代男性)、「義理チョコをたくさんもらうと、ホワイトデーがめんどうだなと思う」(20代男性)

【4】チョコ以外のものが欲しい。

男性は甘いものが苦手な人が多いもの。

「できれば、お酒とか、仕事の合間に食べられるおせんべいなど、甘くないものが欲しい」(30代男性)、「チョコは食べないので、モノをもらった方が嬉しい」(20代男性)という男性は多いようです。

【5】彼女がいるのにチョコをもらうと困る。

男性の中には、チョコをもらうと困る人もいるようで、「他の女性からチョコをもらうと彼女が不機嫌になるし、せっかくもらったチョコを捨てるわけにもいかず、すごく困ります」(20代男性)

バレンタインチョコは相手の立場を考えてあげた方がいいのかもしれません。

【6】チョコがもらえないから、バレンタインが嫌い。

「子供の頃から、友達がみんなチョコをもらっているのに、自分だけもらえずにミジメな思いをしていたので、バレンタインが近づくと憂鬱になります」(20代男性)、「今年はチョコをもらえるかどうかと毎年不安なので、バレンタインなんか大嫌い!」(30代男性)という男性もいるのです。

そんな男性にも思い切ってチョコをプレゼントすれば、これまで経験がない分ドキドキして、振り向いてくれるでしょう。

【7】手作りより美味しい市販のチョコが欲しい。

「気になっている女性からもらうのなら、手作りチョコも嬉しいけど、好きでもない女性からもらうときは、やはり美味しい市販のチョコの方が嬉しい」(20代男性)、「料理下手な女性から、手作りチョコをもらうのは嫌だ」(30代男性)という厳しい意見もあります。

【8】ひと口で食べられる大きさのチョコが良い。

バレンタインチョコにはかわいらしい形の大きなチョコもありますが、実はひと口で食べられるサイズが人気のようです。

「疲れたときにちょっとつまめるサイズのチョコを希望します!」(20代男性)、「大きなチョコだと、割って食べるため、手が汚れるので、食べるチャンスがありません」(30代男性)

【9】下駄箱や引き出しに入れるのはやめて!

「チョコをこっそり渡したいという気持ちは分かるけど、下駄箱や引き出しに入っていると『勝手に開けた』と、不愉快になります」(20代男性)、「下駄箱にチョコを入れるって、不衛生じゃないですか?」(30代男性)チョコをあげるときも、マナーは守りましょう。

意外な男性の本音、いかがですか?

チョコをあげるときは、相手の気持ちや立場を考えてあげましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks