スキンケアの基本は10代でも20代でも変わらない?女医が教えるケア方法
スキンケアの基本は10代でも20代でも変わらない?女医が教えるケア方法
美容 お気に入り

スキンケアの基本は10代でも20代でも変わらない?女医が教えるケア方法

若いからと言ってスキンケアを手抜きしていませんか?マメなケアが美肌を保ちます。

Pick up
続きを読む
オススメの動画

メイク落とし

クレンジングの役割は、メイクアップという油性の汚れを水で乳化して落としやすくすることなので、どうしても油分と水分をなじみやすくする「界面活性剤」を含むことになります。

そのため、クレンジングの肌への負担はある程度仕方のないことですが、少しでも負担を軽減するために大切なのは、クレンジングの方法です。

ポイントは、肌をこすらないことと、しっかり洗い流すこと。

オイルやリキッドタイプなど液状のクレンジング剤は、肌への摩擦が強くかかるので、適度な固さのあるクリームタイプのものがおススメです。

使用量が少ないと、指すべりが悪くなって肌に負担をかけてしまうので、正しい使用量を守って、こすらないよう丁寧に行うようにしましょう。

洗顔

洗顔もクレンジングと同様、こすらないようにすることが大切。

ネットを使って洗顔料をしっかり泡立てて、手と顔の間に泡を置いてくるくると動かしながら、泡で皮脂や汚れをからめ取るようにします。

皮脂の分泌量が多い額や小鼻などTゾーンから洗い始め、乾燥しやすい頬や顎などUゾーンや口周り・目元に広げて行きます。

すすぎは、皮膚温に近いぬるま湯で肌をなでるようにしっかり洗い流します。髪の生え際や、フェイスラインなど洗い残しのないよう念入りに。

洗顔後は、清潔なタオルでやさしく押さえるように拭きましょう。

化粧水

化粧水をつけるときは、手のひらにとるのと、コットンを使うのとどちらがよいのでしょうか?

お手入れ法としては、どちらも正解。手にとって使うと、直接体温が伝わることによって毛穴が開きやすくなり、化粧水が浸透しやすいというメリットがあり、コットンを使うと均等に無駄なく化粧水がなじみやすいというメリットがあります。

コットンを使う場合は、裏まで充分ぬれるくらいに化粧水を含ませて、こすらないように肌になじませるようにします。

まず顔全体に手のひらでつけたあと、特に乾燥が気になる目元などにはコットンで重ねづけするなど、肌の状態によって変えてみるとよいでしょう。

乳液

化粧水で水分を補給した後は、乳液でうるおいをキープしましょう。

使用量は10円玉程度の大きさが目安で、肌になじませてみてべたつかず、適度なしっとり感を感じるくらいが適量です。

乳液を両手のひらで広げたあと、顔の中心部から外側に向かって円を描くようにやさしくのばします。

乾燥が気になる頬、顎、目や口の周りは重ねづけをするとよいでしょう。

乾燥肌ではないからといって乳液を省く人がいますが、化粧水で補給したうるおいを逃さないようにするためにも、また乾燥しがちな目元・口元ケアのためにも、クリームは省いても乳液は使うようにしましょう。

若い時から高い化粧水はNG?

年齢にかかわらず、化粧水は、たっぷり使うことがポイント。

高価な化粧水をちびちび使うよりは、惜しみなく使える化粧水でしっかり水分補給をするほうが効果的です。

また、使用量が少ないと、肌への摩擦が強くなってしまって負担になる場合も。

豪快に使えて、使い心地がよく、自分にあったものを充分に使うようにしましょう。

関連する記事

美容ランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks