スタイリング下手の原因は夜にあった!?たったこれだけ髪型がキマるコツ5パターン
スタイリング下手の原因は夜にあった!?たったこれだけ髪型がキマるコツ5パターン

スタイリング下手の原因は夜にあった!?たったこれだけ髪型がキマるコツ5パターン

現代の女性は仕事に恋に遊びに忙しい。できるだけ時間を有効に活用したいあなた。できれば髪のスタイリングも楽して可愛く綺麗にお洒落に楽しみたいと思いませんか?

Pick up
続きを読む
公開日:

パターン①トリートメントは時間を置くより、もみ込む

自宅でたまに集中トリートメントをすると翌朝の髪のまとまりが良くなりますよね。 でも実は間違った常識が・・・ トリートメントは数分の時間を置いても置かなくてもさほど効果に差はでません。 実はもみ込むことによって効果を倍増します。 髪の芯までしっかりと浸透させるにはもみ込まないと中に浸透はしないんですね。 3分放置よりも30秒の揉み込みが朝の翌朝のスタイリングを楽にしますよ♪

パターン②ヘアオイルをホホバオイルに変えてみる

ホホバオイル(100%天然オイル)は成分的に余計なものが含まれていなく安心安全なオイルです。 人間の肌に近い成分をもっているため髪への馴染みも抜群です。更にベタベタしない使用感もGOODです。 そして水分を逃がさないバリア機能をもっているため、髪の乾燥をしっかりと防いでくれます。 髪は乾燥をすると広がりパサつき、まとまりの悪さの原因につながります。 いつも使っているヘアオイルをホホバオイルに変えたらスタイリングが楽になったと驚きの声多数です♪

パターン③寝る前にちゃんと乾かす

髪は乾く瞬間に形が付きます。 そのため濡れたまま寝てしまうと寝相がそのまま翌朝の髪型になって形が付きます。 朝のスタイリングが大変になる原因No.1です。 寝る前にしっかり乾かすことで翌朝のスタイリングを楽にするベース作りにつながります。 半乾きのまま寝てしまうと匂い菌の繁殖、髪が乾燥しやすくなる、枝毛や切れ毛になりやすいのでご注意を!!

パターン④カットで毛先に重さを残す

毛先の薄いペラペラの髪型は扱いにくいのでNGです。 髪がハネてしまったり、痛んで見えやすくオススメできません。 毛先に重さがあると、安定感が出てまとまりのあるヘアスタイルになります。 美容師さんにオーダーするスタイリングが簡単で楽チンなオーダー方法です。

パターン⑤毛先にパーマをかける

大きめのロッドを耳下からゆるいパーマをかけてもらいましょう。ポイントは耳下からのパーマです。 耳上からパーマがかけると広がる、クセっぽい仕上がりになってしまうなど一歩間違うとスタイリングを難しくしてしまいます。 耳下からのパーマのメリットは広がらない、馴染みが良いなどリスクの少ないパーマです。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks