女性の先輩に可愛がられるちょっとした行動まとめ
女性の先輩に可愛がられるちょっとした行動まとめ

女性の先輩に可愛がられるちょっとした行動まとめ

職場などで円滑にやっていくために、欠かせないキーマン、女性の先輩。面倒見の良い先輩を味方につけると、なにかピンチになったときにも力になってもらいやすいものです。今回は女性の先輩から可愛がられるためのちょっとした行動をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

①甘え上手に!

素直な気持ちで「ここがわからないんですが、教えてください」と頼ってみましょう。しっかりものの先輩ならばムゲに断ることはないはずです。教えてもらったことには、ささいな内容であっても「ありがとうございます」とお礼を忘れずに。

②ちょっぴりまねっこする

先輩が新製品の飲み物を飲んでいたらすかさずチェック!今度は自分も試してみましょう。「先輩が飲んでいた◯◯、私も買ってみました。美味しいですね!気に入っちゃいました!」などポジティブなコメントを伝えます。

人は、自分が選んだものが人に褒められると、自分のセンスを褒められているように錯覚するもの。褒めてくれる後輩=可愛い後輩、とこうなるわけです。

③必殺プレゼント攻撃!

普段お世話になっている先輩に、ちょっとした機会にささやかな贈り物を。「先輩からお借りした資料のお陰で、仕事がスムーズに行きました。」などのメモ書きを添えると怪しまれません。人間、自分に贈り物をしてくれる人のことは悪く思えないものです。

だからといって高価なものをプレゼントする必要はありません。例えばお弁当のお供コンビニスイーツを欠かさない先輩に、同系列のお菓子を渡す、このくらいの消えものを渡すのがちょうどいいですね。

④露出は控えめに……

あまりに地味な格好をする必要はありませんが、肌の露出は控えめにしたほうが、女性の先輩からは感じ良く思ってもらいやすいです。

女を強調した服装はたとえファッションのつもりでも「この子、何しに会社に来ているの?」と思われてしまいます。とくに胸元は開きすぎないように気をつけて!鎖骨を大きく出す時にはストールやスヌードで調整しましょう。

⑤敬語で接する

どれだけ親しくなっても、年齢が近くても、先輩には敬語で接しましょう。敬語とは読んで字のごとし「敬意を表する言葉」。話の内容はカジュアルでも、語尾をです・ますにするだけで、相手を“立てている感”を出すことができますよ。

いかがでしょうか。どれも、簡単で早速実行できそうですね。ただし、これらは、なんの義務も果たさなくてもチヤホヤされるためのものではありません。

大前提として、自分に与えられた仕事は出来る限り自分できっちりこなし、その上でのエッセンスとして取り入れてみてくださいね。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks