性感染症の一つ「淋病」ってなに?淋病の基礎知識
性感染症の一つ「淋病」ってなに?淋病の基礎知識

性感染症の一つ「淋病」ってなに?淋病の基礎知識

淋病とは、セックスやキスなどによって感染する自覚症状が乏しい感染症です。

Pick up
続きを読む
公開日:

淋病とは?

淋病とは、淋菌という細菌によっておこる感染症で、セックスやキスなどによって感染します。

最近では性の多様化によるオーラルセックスの影響で、淋菌が咽頭から検出されるケースが増えてきています。

子宮外妊娠や不妊の原因となる淋病

症状として男性の場合は、感染後2~7日くらいしてから尿道から膿がでたり、排尿時に痛みがでたりします。

女性の場合、淋菌は膣から子宮の入り口である子宮頸管に感染し、子宮頸管炎をおこします。

膿のようなおりものや悪臭のあるおりものが出ます。

その後、淋菌は子宮内から卵管へ向かいます。

卵管で炎症を起こすと、卵管が詰まったり卵管の周囲に癒着を起こしたりして、子宮外妊娠や不妊の原因になることがあります。

淋菌が卵管を通過して骨盤内に進展すると、激しい腹痛と発熱を生じる骨盤腹膜炎を引き起こしてしまいます。

自覚症状が乏しいため悪化することも!?

男性の場合は、比較的強い痛みなどの症状が出やすいため、早期に治療を受けるケースが多いのですが、女性は男性に比べて無症状のことも多く、半数以上の女性が無症状であるともいわれています。

女性は早期には自覚症状に乏しいため、腹膜炎や卵管炎になってから、またはパートナーが淋病と判明してから病院を受診することが多いようです。

淋病の診断と治療

淋病の診断は、女性の場合はおりものを採取して淋菌の有無を検査します。

治療は抗生剤を使用しますが、以前は効いていたはずの薬が次々と効かなくなってきており、使える薬は限られています。

淋菌と抗生剤とのいたちごっこといった状況なのです。

現時点で効果が期待できるのは、注射での治療ですが、治療に際して大切なことは、パートナーも一緒に治療をすることです。

そうしないとお互いに感染しあう「ピンポン感染」を繰り返すことになり、いつまでたっても完治がのぞめないのです。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks