ピルは避妊だけじゃない!女性のQOLを改善してくれるアイテム
ピルは避妊だけじゃない!女性のQOLを改善してくれるアイテム

ピルは避妊だけじゃない!女性のQOLを改善してくれるアイテム

低用量ピルは女性のQOL(生活の質)を改善してくれる便利なアイテム。誤解や不安を解消し、うまく生活に取り入れて生きたいですね。

Pick up
続きを読む
公開日:

ピルを飲んでみたいけど副作用が心配

低用量ピルが日本でも解禁されてから、ピルの愛用者は徐々に増えてきてはいますが、まだまだピルに対する誤解や不安が多く、使用に踏み切れないでいる女性が多いことも事実です。

「低用量ピル」は女性のQOL(生活の質)を改善してくれる便利なアイテムです。

正確な知識を持った上で誤解や不安を解消し、うまく生活に取り入れて行きたいですね。

避妊効果だけじゃないピルの効用

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが配合された薬で、排卵を抑えたり、精子が子宮内に入っていかないように子宮頚管粘液の性状を変化させたり、子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にしたりすることで避妊効果を発揮します。

不妊手術を除けばもっとも確実な避妊法で、飲み忘れがなければほぼ100パーセントの避妊率を誇るピルの効用はそれだけではありません。

月経痛や月経不順、過多月経の改善、子宮内膜症の症状軽減、さらに多毛やニキビの改善効果もあるのです。

月経を遅らせたり早めたりすることもできます。

ピルの飲み方

1日1回、同じ時間帯に錠剤を21日間飲み続け、7日間休薬(もしくはプラセボという偽薬を飲む)します。

そして休薬している間に生理が始まります。

やっぱり気になる副作用

飲み始めの頃、体がピルに慣れるまでは気分が悪くなったり吐気や頭痛がしたりすることもありますが、飲んでいるうちにこのような不調はなくなっていきます。

また、生理以外に出血があることがありますが、これも2~3ヶ月のうちには消失していくことがほとんどです。

体重増加を気にする人もいますが、体重は増えたとしても1kg程度です。

1日のうちで容易に変動する程度の数値ですね。

低用量ピルには明らかな体重増加作用は報告されていません。

以前の中・高用量ピルに比べてホルモンの含有量が低く抑えられているので、副作用もそれだけ軽減されているのです。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks