男性が思う“自慢の彼女”になりたい!男性に聞いた意見からみえてきた3つの特徴
男性が思う“自慢の彼女”になりたい!男性に聞いた意見からみえてきた3つの特徴

男性が思う“自慢の彼女”になりたい!男性に聞いた意見からみえてきた3つの特徴

やったー、念願の彼氏ができた!でもそれだけで喜んではまだ甘い!せっかく男性とつきあうなら、人に自慢してもられえるような彼女になりたくありませんか?そこで今回は男性のみなさんに、“自慢の彼女”について意見をうかがい、その特徴をまとめました。これさえ押さえれば、自慢の彼女になれる道は近いかも!?

Pick up
続きを読む
公開日:

①料理は盛り付けまで上手に

まずは書くまでもないほどのド定番、「料理上手は自慢出来る」という意見があがりました。なかには「プロ並みの腕前で毎日ブログに献立をアップしている。」(20代・男性)

という幸せな男性も。このブログというのがポイント。これは、“料理ブログをやりましょう”というのではなく、美しい見栄えの料理が作れるのは自慢の材料にしやすいですよ、ということ。料理の味は第三者に伝わりません。

でもおいしそうな手料理の写真が示せれば、料理上手ということへの説得力が増すというわけです。

②メイク上手よりもすっぴん(風)美人!

女子からすると、「整形メイク」のように、「メイクは、変身してナンボ」という思いがあります。ですが男性は、元の顔がわかる程度のメイクを好みます。「あまりにゴテゴテしたメイクは、『素顔に自信がないのかな?』と思ってしまう」(20代・男性)という意見も。

元の顔を活かしながらちょっと+αするくらいのメイクにとどめたほうが、逆に「内面美」に目を向けてもらえるのかもしれません。また、「顔が真っ白に塗りたくられているとお面みたいで怖いです。女性は肌にあんまり塗らないほうがキレイだと思います。」(30代・男性)

男性からすると、「女性の肌」というだけでキメが細かくてきれいなもの。しかも女性が思うほど男性はシミだのそばかすだのを気にしていません。肌はあまり作りこまずにアラを残しておくくらいがちょうどよさそうです。

③男を立てるのはみんなの前で

男性は、女性が思うよりもプライドの高い生き物。そのため、自分を立ててくれる女性を好みます。でも彼女のことを自分から人に『彼女すごくオレのこと立ててくれるんだぜ』とは言いません。「友だちのことを、彼女さんが“さん付け”で呼んでいた。奥ゆかしくて羨ましかった!」(20代・男性)

「みんなでBBQした時。友人が自分の彼女に食べ物をよそってあげたら、きちんと“ありがとう”と言って受け取っていた。できた彼女だな~と思った。」(30代・男性)

さん付けもお礼も、当たり前のことでなにも特別ではありません。でも、第三者はこんなささいな場面を見て『大切にされていていいなぁ』と思い、それが彼本人に伝わることで、彼は“自分が立ててもらっている”ことを実感するのです。男を立てる、といっても四六時中彼氏の言いなりになれ、というのではありません。

第三者の前や公衆の面前でちょっと丁寧に接するだけで好感度があがるのです。

料理、ナチュラルメイク、男を立てる…どれも当たり前のことですから、すでに実践している女性も多いのでは?でもちょっとした工夫で自慢できるアドバンテージになるのです。

自慢の彼女になろう!と肩肘張るのではなく、今の自分のどこで勝負できるか考えてみるのもいいかもしれません。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks