ネイルを長持ちさせるためのコツ
ネイルを長持ちさせるためのコツ

ネイルを長持ちさせるためのコツ

ネイルを少しでも長く、美しい状態で保つためのコツをご紹介。

Pick up
続きを読む
公開日:

指先や爪の乾燥を防ぐ

せっかくきれいにしたネイルでも、すぐに剥がれてしまうとがっかりしますね。 とくに指先は人目につきやすい部分。 ぼろぼろの指先を見られたら恥ずかしいもの。 ネイルを少しでも長く、美しい状態で保つためのコツをご紹介しましょう。 まず大切なのは、健やかな自爪を育てるために、指先や爪の乾燥を防ぐこと。 ハンドクリームを手の甲で少し温めた後、爪の付け根にのせて、もう片方の手の親指でくるくるとマッサージをしながら塗り込みましょう。

キューティクルオイル

ハンドクリームのべたべた感が気になる場合は、キューティクルオイルを塗ってもよいでしょう。 保湿成分がたっぷり入っており、二枚爪やささくれなども防いでくれる効果があります。 爪が作られる部分の乾燥を防ぐことで、割れにくく健康な爪が育ってくれます。

ベースコートとトップコート

ネイルカラーを塗る際に、ベースコートとトップコートを併用することもネイルを長持ちさせるポイントです。 ネイルカラーを塗る前に、ベースコートを塗ることで、ネイルカラーによる色素沈着を防ぎ、自爪の保護にもなります。 ネイルカラーを塗った後、最後にトップコートを塗ることで、ツヤを出すだけでなく、ネイルカラーの割れや剥がれを防ぎます。 上からしっかり保護して自爪が割れてしまうのも防いでくれます。 爪の先の方もしっかりトップコートを塗っておくと、より剥がれにくくなります。 トップコートは、ネイルカラーが乾いてから塗るようにしましょう。 そして、トップコートも乾くまでじっと我慢することが大切。 ここでよれたり傷がついたりすると、どうしてもそこから剥がれやすくなるので注意が必要です。

ネイルを長持ちさせる裏技

ネイルを長持ちさせる裏技は、ネイルカラーを塗って2日後くらいのまだネイルが十分きれいなうちに、もう一度トップコートを塗ること。 このひと手間でネイルのもちが断然違います。 その後も3日に1回程度の間隔でトップコートを塗るとよいでしょう。

日常生活での負担を減らす

日常生活で爪に負担をかけないようにすることも大切。 食器を洗ったりする際は、ゴム手袋を使用しましょう。 素手で行うと、洗剤が手の油分も取り去ってしまい、爪が乾燥する原因にもなってしまいます。 ゴム手袋で手が荒れてしまう場合もあるので、コットンの手袋をしてからゴム手袋をはめるとよいでしょう。 シャンプーをする際は、専用のブラシを使う、段ボールを開けたりシールを剥がす時は、カッターを使うなど、日常生活の動作の中で爪への負担を減らすようにするだけでも、かなり違います。

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks