意外と知らない?コテで綺麗な巻き髪を作るコツ!
意外と知らない?コテで綺麗な巻き髪を作るコツ!

意外と知らない?コテで綺麗な巻き髪を作るコツ!

そのままの素髪の状態でコテで髪を巻くのはNGです。オススメはツヤ出しスプレーです。固まらずにツヤが出て髪がサラサラするタイプのものです。スプレーの油分で少し髪をコーティングすることでダメージケアやコテで巻いた後の髪の仕上がりがとても良くなります。

Pick up
続きを読む
公開日:

温度は高温で巻く

低温で巻く方が髪が痛まないと思っている方も多いですが、実は何回も巻き直す原因になったり、1日巻き髪がモタない原因につながります。どのアイロンも200度前後の高温まで上がるので、それくらいの温度がベストです。高温の方が巻いた時のツヤ感も出るし、巻きもモチも良くなりますよ。

苦手な方から巻き髪を作る

利き手の関係でどうしても自分の中で左右、巻きやすい側と巻きにくい側が出てきます。最初に得意な方を巻いてしまうと左右のバランスが合わなくなってしまいます。最初に苦手な方を巻いて、左右のバランスを合わせるのがポイントです。

巻いたら、巻いた髪をすぐにほぐす

一つ一つの巻きが終わったらすぐに巻いた部分の髪をほぐすのが綺麗な巻き髪を作るポイントです。大抵は巻き終わったあとにスプレーやワックスで全体的に髪をほぐしますが、すぐ巻いた余熱が残っているうちにほぐすのが重要なポイントです。

あまり固めすぎない

説明してきた【スプレー】【高温で巻く】【すぐほぐす】。この3つを守れば巻きは簡単に落ちません。なので巻き終わった後にスプレーでカチカチに固める人が多いですがNGです。巻き髪は曲線を作るので柔らかさや女性らしさを表現してくれます。固めすぎはNGです。柔らかめのワックスやワックスタイプのスプレーを全体に付けるのがポイントです。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks