女同士の嫉妬から回避する方法!職場や学校でのトラブル対策
女同士の嫉妬から回避する方法!職場や学校でのトラブル対策

女同士の嫉妬から回避する方法!職場や学校でのトラブル対策

巻き込まれると厄介な女性同士の嫉妬。男性がらみにかぎらず、女性から嫉妬の目を向けられた経験がある方も少なくないのでは。

Pick up
続きを読む
公開日:

なぜ、女性は嫉妬するのか?

実は「男性よりも女性のほうが嫉妬深い」という明確なエビデンスはありません。でも一般的な印象として、男性に比べて女性のほうが嫉妬深いと思われていますよね。これは、男性と女性の生物学的な性差と関係があると考えられています。

あらゆる動物は自分の子孫を残すことを本能としていますね。人間含め、生き物は、自分の遺伝子を、より優秀な子孫に託して後世に残したいと考えているのです。

よりたくさんの遺伝子を残すために、オスは、複数のメスに同時にアプローチをかけることが可能です。「このメスとの間の子はイマイチだな」という場合、極端な話、次々と新しいメスにアプローチすれば次々と新しい子孫が残せます。

ところがメスはそうはいきません。妊娠・出産にどうしても時間を取られるため、オスに比べて自分の子孫を残せる数が限られます。ゆえに子をもうける相手も厳選しなくてはなりませんし、いざ「優秀だ」とみとめたオスの子種を残すには、そのオスの気を引きつなぎとめ続ける必要があるのです。

すべてではありませんが、人間の場合もこれがあてはまります。女性が気に入った男性に執着したり、他の女性よりも自分のほうが魅力的よ!という嫉妬深い振る舞いをしがちなのはこういう理由があるからと考えられるのです。

嫉妬心をあおりやすい話題を避けることが大切

つまり本能的に、女性同士の嫉妬やいさかいは避けられないのでしょうか?前述したように、女性は、男性を目の前にした時と、女性としての能力を他の女性と比較された時が、嫉妬心を煽られやすいと考えられます。

ですから、たとえ女性同士しかいない場面であっても、それらに関わる話題は避けるのがベター。自分にとっては当たり前のことでも、相手によっては自慢と取られることもありますから注意が必要です。

具体的には、①自分のパートナーの能力に関わる話題(収入・職業・容姿・性格)②女性の容姿(女性としての魅力)に対しての話題があげられます。

立場や状況があまりに違う相手だと、たとえば「最近彼氏とうまくいってなくて」という話でも「彼氏がいるだけいいじゃない」と自慢に取られる場合すらあります。とくに付き合いが浅く、お互いに置かれている環境がわからない場合は、あまりあけすけにしないのが望ましいでしょう。

「女性同士って面倒くさい……」と思いますか?あるいは自分にも身に覚えがあるかもしれませんね。嫉妬された場合はされないように、自分が嫉妬心を抱いてしまった場合は敵意を表すのではなく相手から学ぶなど、控えめな態度が良い人間関係をもたらすでしょう。

オススメの新着記事

関連する恋愛相談

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks