マウンティング女子がアピールしがちなことあるある
マウンティング女子がアピールしがちなことあるある

マウンティング女子がアピールしがちなことあるある

表向きはなごやかな雰囲気で、「自分のほうが格上よ」とアピールするマウンティング女子。相手が言われたら嫌なことをチクチクと会話に挟み込んでくるのが彼女たちの特徴。今回はそんなマウンティング女子のアピールあるあるをご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】社会的地位の高い人と親しいのよアピール

「食事に入ったお店で、唐突に『あ、このお店、○○社長につれて来てもらったことがあるー』と言い出した友人。社会的地位が高い男とコネクションありますアピールが鬱陶しい」(24歳・芸能関係)

現実には知り合いというだけではなんの意味もありません。「へー、どんな付き合いしてるの?」と聞いてみれば、せいぜい、食事をおごってもらったことがあるだけなどで、具体的な付き合い内容は出てこないでしょう。

【2】自虐と見せかけた自慢

「○○さんメイク上手でいいな。私メイク下手だからいつもスッピンなの、と言ってくる同僚。これって自分はお肌きれいですアピールしたいだけですよね」(27歳・金融)

一見ほめられている風で指摘しにくいため、さらにイラつきを助長させますね。 ここは「そうね、メイクのスキルがあるからこのトシでも見れる顔になってるわ」と「年齢的にアナタのすっぴんは世間に通用してません」と反撃するのはいかがでしょう。

【3】こちらが狙っている男をクンづけ呼び

「ある男性を私は『さん付け』で呼んでいるのに『○○クン』と呼ぶ友人。私が好きなの知っているのに、自分のほうが距離が近いとアピールしてくる。」(22歳・学生)

別にその人を好きなわけでもなんでもなく、自分のほうがその人と近しい=自分のほうが女として格上、と言いたいわけです。イラつきますが心配は無用。必要以上に異性に馴れ馴れしくする女性は男性に敬遠されています。

【4】親しみと見せかけた、人の彼氏のこき下ろし

「彼氏の写真を見せろ見せろというから仕方なく見せたら『ゆるキャラみたいで優しそう』と言われた。これ絶対ほめてないと思う。」(27歳・公務員)

親しみをこめた風に演出し、実はこき下ろしているというのよくあるパターン。ここは腹が立ってもムッとしたら負け。「そうなの、すごく優しくって~」といかにラブラブか、幸せアピールで応戦しましょう。

女性同士にマウンティングが多いのは、女性社会の仕組みと関係があります。基本的に年功序列、収入などわかりやすいモノサシのある男性社会とは違い、女性の社会は、容姿、彼氏の仕事、若さなど評価軸がさまざま。

上下関係がわかりにくいけれど、自分のほうが格上だとアピールしたい……そこで、独自のモノサシで相手を勝手に格付けする、というわけです。裏を返すと、格付けされたところで、所詮相手が勝手に作り上げたモノサシでしかないわけです。

ですから勝手な評価に傷つく必要はありません。自分の評価は自分で決めていいのです。

注目の記事

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks