スキがあるのがモテ要素に!無防備なヌケ感たっぷりメイク
スキがあるのがモテ要素に!無防備なヌケ感たっぷりメイク

スキがあるのがモテ要素に!無防備なヌケ感たっぷりメイク

なめらかなツヤ肌でヌケ感たっぷり。うるんだピーチカラーをふんだんに使えば一気に無防備メイク☆『スキあり!無防備なヌケ感たっぷりメイク』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

隙のある肌に見せるには、素肌感のあるベース作りが必須。色つき下地(BBクリームやCCクリームでも可)に、フェイスオイルを数滴混ぜて顔全体に馴染ませ、両手で包み込むように優しく押さえます。

パウダーは粒子の細かいものをブラシでふんわりとつけます。肌のくすみが気になる方は、水色のパウダーを使ってくすみを払いましょう。頬などの乾燥が気になる方が全体にパウダーをつけると粉浮きするので、目周りのみにパウダーを付けます。

ベースメイク編

アイブロウ編

眉は自眉に沿ってふんわりナチュラルに仕上げます。眉毛をしっかり描いてしまうと強い印象になってしまうので、アイブロウパウダーのみを使用します。

眉山は高く取らず、なだらかに眉尻が下がるように丸みをつけて描きます。

アイブロウ編

アイメイク編

肌に溶け込むようなピーチベージュのパール入りのアイシャドウをアイホール全体に付けます。目元のシワが気になる方は、クリームタイプのアイシャドウがオススメです。

アイメイク編_1

下まぶたにも同じカラーのアイシャドウを付けます。柔らかい陰影がつき目が大きく見えますよ。

アイメイク編_2

サーモンピンクのアイシャドウを目尻になじませます。目頭にいくにつれて薄くなるようにグラデーションを作ります。アイメイクはヌケ感が肝!

アイメイク編_3

下まぶたの目尻にも、サーモンピンクのアイシャドウを付けます。上まぶたと繋がるように目尻の際は〝くの字〟のせ。

マスカラは使用せずに、透明マスカラを軽く馴染ませてまつ毛を綺麗にセパレートにします。

アイメイク編_4

チーク・リップ編

チークもリップもピーチカラーを使用します。血色がよくなるように、頬の高い位置から耳の穴に向かってブラシを滑らせます。

肌の内側からじんわり滲みでるような血色感が理想です。

チーク・リップ編_1

リップラインの上下にホワイトパールのラインを引きます。ハイライト効果でぷっくりした唇に。ピーチカラーのグロスを付けてうるんだ唇に。

チーク・リップ編_2

これで、巧みな小技が満載!無防備メイクの完成です。ノーアイライン、マスカラレス+肌に溶け込むピーチカラーで、あざとく無防備感を装いましょう。

チーク・リップ編_3

オススメの新着記事

カテゴリランキング

関連キーワード

関連カテゴリー

Hot Topicks