夏の思い出は写真に残る!周りと差をつけるSNS映えメイク
夏の思い出は写真に残る!周りと差をつけるSNS映えメイク

夏の思い出は写真に残る!周りと差をつけるSNS映えメイク

友達が勝手に加工していても不自然にならない、血色感や立体感を残せる骨格に合わせた立体感メイクでSNS映え!

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

ベースメイクは毛穴レスな陶器肌を作ります。

近距離で撮られても肌の綺麗さをアピールできるように丁寧に作ります。

下地、リキッドファンデーション、ルースパウダーの順で仕上げます。

下地は毛穴カバーのできるものや、皮脂の吸収ができるものを選んで崩れを予防します。

リキッドファンデーションはパール1粒分くらいを顔全体に素早く馴染ませて、顔色のムラを補正します。

最後にフェイスパウダーをブラシでのせて毛穴レスなサラサラ肌に仕上げます。

ベースメイク編_1

シェーディングをフェイスラインや、おでこから髪の生え際にかけてブラシでふんわりのせて立体感を出します。

あくまでも自然に!

シェーデイングは色が重要です。自分のファンデーションカラーの1トーン~2トーン暗めのカラーを選びましょう。

ベースメイク編_2

先ほどのシェーディングを鼻筋にものせます。

眉頭の下あたりから鼻筋を通って鼻の頭の先まで、スーッとブラシを抜きます。

鼻が高くみえて、メリハリのある顔になります♪

ベースメイク編_3

アイブロウ編

アイブロウはペンシルとパウダーを使用してグラデーションを作りながら立体的な眉を作ります。

まず、ペンシルで眉尻を描きます。

眉尻が濃くなるように描くことで、写真に撮った時も眉毛が飛ぶことなく綺麗に写ります。

アイブロウ編_1

眉頭はパウダータイプを使用してグラデーションになるように薄く馴染ませます。

眉頭が薄く、眉尻にいくにつれて少しずつ濃くなっていようにします。

アイブロウ編_2

アイメイク編

アイメイクも立体感が自然に出るように、骨の位置を意識しながらアイシャドウをのせます。

眼球外側の丸みに沿って、マットなベージュのアイシャドウを馴染ませます。

目が小さい方は、瞼の眼球が出ている部分に明るいパールなどを塗っておくとより立体感が出ます。

アイメイク編_1

目尻から黒目真ん中くらいの幅に先ほどのアイシャドウより少し濃い色をのせます。

縦幅は二重より少し大きくなるくらいに。

目尻にポイントが置かれ、デカ目効果大!

アイメイク編_2

下まぶたにレンガ色のアイシャドウをひきます。

赤みブラウンで周りと差が付くお洒落顔に♪

アイメイク編_3

アイラインは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにしっかり埋めます。

粘膜部分の肌色が出てしまうとメイクに雑さが出てしまうので気をつけましょう。

アイメイク編_4

目尻は、ほんの少しだけアイラインを伸ばします。

リキッドアイラインでグッとハネ上げるのはもう古い!

ナチュラルにしたたかに忍ばせましょう!

アイメイク編_5

マスカラはブラックを使用して上下にしっかりと付けます。

まつ毛の力で更にデカ目効果あり。

アイメイク編_6

チーク・ハイライト編

ニコッと笑った時に頬が一番高くなる部分にチークをのせ、耳の穴に向かってブラシを滑らせます。

頬の位置が高く見えて、リフトアップしてみえます。

ハイライトはツヤが出るものを目の下とチークの間の部分にのせます。

頬の丸みとツヤが綺麗に出る場所なので、グンッと女性らしさがアップします。

チーク・ハイライト編_1

リップはヌーディーなものより、血色感がしっかり出るような赤みの強いものの方がSNS映えします。

これで完成です♪

自然なのにしっかりSNS映えする立体メイクは、誰よりも可愛く写れちゃうかも!

チーク・ハイライト編_2

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks