よかれと思ってやっても、やればやるほど男性がドン引きするモテない言動7パターン
よかれと思ってやっても、やればやるほど男性がドン引きするモテない言動7パターン

よかれと思ってやっても、やればやるほど男性がドン引きするモテない言動7パターン

女性と男性の感覚は、根本的に違います。だからこそ、女性が男性に気に入られようと思ってやっているのに、やればやるほど嫌われてしまう言動だってあるのです。そんな悲しいことにならないように、今回は「よかれと思ってやっても、やればやるほど男性がドン引きするモテない言動」を紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

【1】男性が好きそうな服を着る。

ガーリーファッションが好きだと言えばフリルのついた服を、ロックファッションが好きだと言えば黒い服をと、男性の趣味に合わせてファッションを変える。

少しでも彼好みの女性になりたいという気持ちは分かりますが、男性はうわべだけで女性を好きになるわけではありません。

「個性があって、自分を大切にしている女性はステキだと思います」(20代男性)というように、人に流される女性は嫌われる可能性大です。

【2】甘えた声で話す。

かわいく思われようと、男性の前では、鼻に掛かった甘えた声で話している女性がいます。

しかし、男性には評判が悪く、「聞き取りづらくてイライラする」(20代男性)、「バカにされているようで腹が立つ」(30代男性)と思われているようです。

男性の前でも、いつもの自分でいましょう。

【3】小さなことまで、男性に意見を求める。

男性の期待にこたえたいという気持ちが強いのでしょう。

「スカートとパンツ、どっちがいい?」「弁当はおにぎりにする? それともサンドウィッチ?」など、どうでもいいことまでいちいち意見を求める女性。

そんな女性を、男性は「一緒にいること自体がめんどうくさい」(20代男性)と思ってしまうようです。

「男性は細かいことをめんどうくさがる」という本質を忘れてはいけません。

【4】「縁がある」を強調する。

好きな人とは、少しでも縁を感じていたいのが女心。

つい、「出身地が同じなんて、縁があるわね」「誕生月が同じなんて、縁があるわね」「イニシャルが同じなんて、縁があるわね」と、縁を強調してしまいます。

ところが男性は冷静で、「出身地が同じヤツなんていっぱいいる」(20代男性)と、ドン引きしまうのです。

【5】いつも側にいたがる。

女性なら、いつでも好きな男性の側にいたいもの。

でも、男性はいったん仕事モードや趣味モードに突入すると、女性のことなど忘れて、没頭する生き物です。

女性にとっては甘えているつもりでも、「もっとたくさん側にいて!」「私と仕事とどっちが好きなの?」などと、理解のないことを言うと嫌われてしまいます。

ラブラブな時間と、お互いを尊重する時間は切り替えて!

【6】他の男性と比較してほめる。

好きな男性の味方をするつもりで、「あなたの方がじょうずよ」などと、人と比較してほめると、男性はドン引きするようです。

なぜなら、比較した相手をけなしていることになるから。

「人をけ落としてまでよく見られたいなんて思わない」(20代男性)、「相手の悪口を言っていることに気づかないのかなあ」(30代男性)と厳しい意見が続きます。

【7】自虐ネタで笑いをとる。

「自分に注目して欲しいから」「明るい女性に見られたいから」「その場を盛り上げたいから」などの理由で、自虐ネタを披露する女性。

しかし、自虐ネタを言えば言うほど、笑いをとればとるほど、男性は遠ざかっていきます。「自虐ネタを言う女性はイタ過ぎます」(20代男性)

本気で笑われていると言うことの無いように、自虐ネタはほどほどに。

男性に好かれたいなら、あなたの行動を男性の気持ちになって、見つめ直してみましょう。

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

Hot Topicks