ナチュラルなのに崩れ知らず♪真夏の耐久メイクテクニック
ナチュラルなのに崩れ知らず♪真夏の耐久メイクテクニック

ナチュラルなのに崩れ知らず♪真夏の耐久メイクテクニック

夏は汗でべたつきやすい分、保湿しない方がメイクは崩れにくそうと考えがちですが、乾燥した肌ではベースメイクは馴染まず、崩れやすくなってしまいます。汗にも皮脂にも負けないナチュラルメイクの方法をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

崩れ防止にはまず保湿!

夏は汗でべたつきやすい分、保湿しない方がメイクは崩れにくそうと考えがちですが、乾燥した肌ではベースメイクは馴染まず、崩れやすくなってしまいます。

さらに、肌が必要とする油分が足りていないと必要以上の皮脂が分泌されてしまってテカリの原因に!

しっかりと肌に水分を閉じ込めるように化粧水はたっぷりとハンドプッシュしながら付けます。

肌にこのくらいのツヤが出てきたら、ベースメイク開始です!

手順_1

ベースメイク編

ファンデーションの厚塗りは厳禁!

色つき下地などで肌トーンを均一に整え、気になる部分はコンシーラーなどでカバーして厚くならないようにします。

夏はリキッドファンデーションが敬遠されがちですが、薄く馴染ませればフィット感がよくパウダリーファンデーションよりもナチュラルに仕上がります。

仕上げのフェイスパウダーは皮脂や汗を吸着させる効果があり、化粧崩れを防いでくれる重要なアイテム!

フェイスパウダーの前にスポンジなどで余分な水分を取ってから薄く馴染ませます。

手順_2

アイブロウ編

アイブロウに使う物は皮脂や汗などに強いウォーターレジスタントタイプがおすすめ!

ウォータープルーフは水に強いだけなので、皮脂、汗に強いものを選ぶようにしましょう。

眉を描く前に、眉にもちゃんとフェイスパウダーを仕込みます。

ペタペタした状態だと眉が消えやすい原因になります。

ペンシル、パウダー、眉マスカラや眉コーティングなどを駆使し、絶対に落ちない眉に仕上げます。

ペンシル→パウダー→眉マスカラの順番に付けるのもポイントです!

手順_3

アイメイク編

アイメイクを始める前に、まずは上瞼と下瞼の余分な皮脂を取り除くためにティッシュオフをします。

アイシャドウのムラを防ぎます。

手順_4

マスカラは、カールが落ちると黒ずみ発生!

マスカラを塗る際には、カールキープ力の高いウォータープルーフタイプの下地を使用します。

下地の後にマスカラ、最後にもう一度下地を重ねるとより効果的!

手順_5

アイライナーはリキッドタイプを使用。

目尻にのみ引いて目力アップ。

涙が出やすい方は上にハネ上げるようにして目尻にラインが被らないようにします。

手順_6

チーク・リップ編

チークはクリームタイプとプレストタイプの2つを使用します。

クリームタイプを指で軽く叩き込むように、とんとんと馴染ませます。

手順_7

クリームを乗せた場所にプレストタイプのチークをブラシで馴染ませます。

密着力が高まり、お直しいらずのチークに仕上がります。

手順_8

リップは、リップライナーを使用する事で滲み防止と色持ちアップ!

口紅と同じ系統の色か、無色のリップライナーで輪郭を縁取ります。その後に口紅を重ねます。

手順_9

これで、汗にも皮脂にも負けないナチュラルメイクの完成です。

全ての行程を薄く軽く付けることがオススメ♪

これで真夏も怖くない!

手順_10

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks