お祭りや花火大会デートに!浴衣に似合うヘアメイク
お祭りや花火大会デートに!浴衣に似合うヘアメイク

お祭りや花火大会デートに!浴衣に似合うヘアメイク

夏は、お祭りや花火大会などで浴衣を着ることがあってもメイクは普段のままなんてことありませんか?浴衣が似合うしっとり大人な和風メイクをご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

ベースメイクはハーフマットな肌に仕上げます。和装をする際は、艶感があまり無い方がバランスが整います。

まず、スキンケアをしっかりと行います。化粧水はいつもの倍付けて、手で付ける場合は2回なじませましょう。

コットンを使う場合はコットンに化粧水を染み込ませて、コットンパックをします。

クリームや乳液もマッサージするように時間をかけて付けてあげると、お肌がモチモチになります。

ベース、リキッドファンデーション共に薄付きのものを選びましょう。

乳液を付けるように手の平に一度馴染ませてから、ザッと顔全体に付けると薄く綺麗に肌に馴染みます。髪の生え際や、フェイスラインがムラにならないようにします。

ベースメイク編_1

フェイスパウダーは大きめのブラシに取り、顔の中心から外側に向かって付けていきます。

Tゾーンなど崩れやすい部分は、重ね付けしてカバーしましょう。

ベースメイク編_2

アイブロウ編

眉がしっかりしている方はアイブロウパウダーのみ、眉が薄い方はペンシルも併用しましょう。

眉山は正面を向いた時の白目の外側の延長線上に、眉頭は小鼻の脇の延長線上に、眉尻は全体のバランスを見て下がり過ぎないように描きましょう。

髪をアップにする際は、眉尻を“外向き少し長め”にすると、顔が小さく見える効果があります。

アイブロウ編_1

アイメイク編

アイホール全体にナチュラルベージュのアイシャドウを付けましょう。

アイメイク編_1

アイラインはブラックのペンシルタイプを使用し、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように描きます。

筆圧が強いとダマになって崩れの原因になるので、描く際は優しく描きましょう。

アイメイク編_2

ボルドー、またはダークブラウンのアイシャドウを使い、ペンシルで引いたアイラインの上をなぞってぼかします。

アイメイク編_3

アイラインはブラックのリキッドのアイライナーを使用します。

全体的に引いてしまうと濃くなってしまうので、目尻のみ軽くハネ上げるように引きます。

あまり高くハネ上げ過ぎずに、横に流すように引きましょう。

アイメイク編_4

下まぶたに赤みのブラウンのアイシャドウを付けます。

全体的に引くと影ができるので、セクシーな目元に仕上がります。

アイメイク編_5

上まつ毛はビューラーで上げずにマスカラで持ち上げるようにします。

まつ毛を上げ過ぎない方が伏し目の時に綺麗に見えます。

下まつ毛もダマにならないように、マスカラの口で液をよくしごいてから少しずつ重ねましょう。

アイメイク編_6

チーク・リップ編

チークはピンクベージュを使用し、黒目の下あたりから耳の穴に向かって薄く入れます。

リップはコーラルピンクを使ってお肌を明るく見せましょう。

グロスは付けずに、潤いのあるリップスティックのみで仕上げます。

チーク・リップ編_1

これでしっとり和風美人な大人メイクの完成です!普段メイクから引き算するようにメイクすると、浴衣の似合う和風美人顔に!“いつもと違う私”が演出できますよ☆

チーク・リップ編_2

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks