面接で必要な書類と持って行くときに気をつけたい「持参の仕方」
面接で必要な書類と持って行くときに気をつけたい「持参の仕方」

面接で必要な書類と持って行くときに気をつけたい「持参の仕方」

面接で必要な書類と、持って行くときに気をつけた方がいいことをご説明します!

Pick up
続きを読む
公開日:

面接で大切なことって?

面接では、履歴書のほか、事前に持参するように指定された書類があります。卒業見込み証書、成績証明書、健康診断書、職務経歴書などです。経歴をきちんと確認したい意図があり、持参するように指示されることがあります。

さて、大切なのは、持参の仕方です。

まず注意したいのは、絶対に折らないことです。折るという行為は、汚すのと同じ行為です。貴重な書類ですから、折るのは厳禁です。「貴重な書類を折る」という行為が、採用担当者から見ると、非常識に映る場合があります。

重要な書類は、折らないように、A4サイズの封筒に入れて持参しましょう。クリアファイルでもかまいませんが、封筒のほうが汚れを防ぐ効果が強い上、立派に見せる効果もあるため、ベターです。封筒は、茶色より、白色のタイプをおすすめします。封筒に、のり付けは不要です。

手渡す際は、封筒に入れたまま「よろしくお願いいたします」と言って、提出しましょう。

「封筒に入れたまま渡すとごみが増える」という意見もありますが、面接は公式の場です。より丁寧な対応という意味でも、入れたまま渡すほうが好ましいでしょう。小さな点ですが、ここで手を抜くかどうかで、印象に差が出ます。

オススメの新着記事

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks