可愛いよりキレイ派!大人の魅力引き立つアラサー女子限定メイク
可愛いよりキレイ派!大人の魅力引き立つアラサー女子限定メイク

可愛いよりキレイ派!大人の魅力引き立つアラサー女子限定メイク

キレイに見られたいアラサー向けのメイクは、柔らかさを重視しながらも若すぎない大人な雰囲気。『可愛いよりキレイ派!大人の魅力引き立つアラサー女子限定メイク』をご紹介します。

Pick up
続きを読む
公開日:

スキンケア編

アラサーの肌は、かさつきやくすみ、毛穴やシミなどの肌悩みが出ることも多くなってきます。肌悩みを気にして何度も重ねたり、間違った方法で塗ってしまうと、化粧崩れや厚塗りの原因になってしまいます。

まずベースメイクを始める前に重要なのは肌を芯から潤わせる保湿です!肌が乾燥しているとファンデーションのノリが悪く、くすみ肌の原因に。

化粧水、乳液、フェイスオイルなどは、優しく顔を包み込むようにハンドプッシュしながらゆっくり馴染ませます。毛穴の開きやすい頬などはコットンパックなどで念入りに保湿してください。顔を触ってもっちり吸い付いてくるようになったらメイク始めのサイン!

ベースメイク編

アラサー女子のベースメイクは「厚塗りを避けてナチュラルに仕上げること」が大切です。

下地を顔全体に馴染ませたら、頬の三角ゾーンにハイライターを入れます。筆ペンタイプのものはテクスチャーがゆるめで広範囲に馴染ませやすいのでオススメです。

くすみを取り除いて透明感のあるベースを作ります。

スキンケア編_1

クマやニキビには固めのコンシーラーを使用して部分的に隠します。部分的にすることで厚塗り感を防げます。

パウダーは大きめのブラシで少量をふんわりと付けます。厚塗りは老け肌に見えてしまう原因!ツヤが残るように薄く薄く重ねましょう。

スキンケア編_2

アイブロウ編

アラサー眉メイクで大切なのは太さ!細い眉は古い印象になるので注意!山を高く取らずにストレートな太眉を作ることで、キレイめな大人眉になります。

眉が薄い方は、出来るだけ眉の下側を埋めるようにすると太さが出ます。

アイブロウ編

アイメイク編

アイメイクはナチュラルに!が鉄則。濃いシャドウや囲みメイクはケバくなるだけです!

カラーは肌に溶け込むものを使用して、ラインや繊細なまつ毛で清潔感のある目元を作ります。

まず、アイホール全体にベージュのパール入りアイシャドウを馴染ませます。

アイメイク編_1

同じカラーを下まぶたにものせます。自然な陰影が出来てナチュラルにデカ目効果が得られます。

アイメイク編_2

目尻にのみ『くの字』を書くように、先ほどよりも濃いアイシャドウをのせます。横長のグラデーションがクールな仕上がりになります。

アイメイク編_3

アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるように細く入れます。太く入れると可愛い印象になってしまうので注意!

アイメイク編_4

マスカラは上下にしっかり付けます。1本1本セパレートするように、ブラシを左右に細く振りながら付けると綺麗に付きます。ボリュームタイプよりもロングタイプがおすすめ。

アイメイク編_5

チーク・リップ編

コーラルピンクのチークを頬の中心から耳の穴に向かって付けます。楕円形に入れるように意識すると、大人なカジュアル感が演出できます。

チーク・リップ編_1

リップはコーラルベージュの肌に馴染む色を使用します。あまりベージュ過ぎると顔色が悪く見えてしまうので、できるだけ明るい色を選びましょう。

ウォーターインリップだと、1本で潤うので楽チンですよ♪

チーク・リップ編_2

これで完成です!

綺麗な頼られお姉さん風メイク☆

1つ1つの工程を丁寧にすると、品のある仕上がりに。年相応のメイク方法も大事ですね。

チーク・リップ編_3

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks