一重まぶたのコンプレックスとさよなら!二重に負けないメイク
一重まぶたのコンプレックスとさよなら!二重に負けないメイク

一重まぶたのコンプレックスとさよなら!二重に負けないメイク

一重まぶたの方にオススメの抜け感のある優しいピンクメイク。ピンク系を避けていた一重まぶたの方でも、小技を効かせればOK!

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

一重まぶたの方は二重まぶたの方と比べて、顔の凹凸が無いのでベースメイクから立体感を作っていきます。

化粧水、乳液等でしっかり肌を保湿してベースを作ります。リキッドファンデーションにフェイスオイルを1~2滴ほど混ぜて顔に馴染ませます。

フェイスオイルの代わりにツヤが出るような下地などでもOK!

ベースメイク編_1

フェイスパウダーをブラシで顔全体に馴染ませます。皮脂浮きしやすい箇所にはしっかりのせてテカりを防ぎます。

ベースメイク編_2

アイブロウ編

自眉に合わせてパウダーをのせるのが理想的ですが、眉が薄い方や形を形成したい場合はペンシルも併用します。

山はあまり高く取らずにアーチ型になるように少し丸みをつけながら描きます。

一重まぶたの方はクールな印象を与えやすいので、丸みを作ることで女性らしい優しい印象に仕上げることが出来ます。

アイブロウ編_1

アイメイク編

肌に馴染むような明るめのベージュのアイシャドウをアイホール全体に付けます。

アイシャドウは必ずパール入りのものにします。

マットやラメのものだと、かえって老けた印象になってしまいます。

アイメイク編_1

目を閉じて瞼を触ると眼球の丸みが分かります。その丸みの外側に添わせて、目尻から黒目中心くらいまで赤みのアイシャドウをのせます。

くすみピンクやくすみローズ系のカラーがオススメ!

腫れぼったく見えずに彫りが強調されて洗練されたイメージに。

アイメイク編_2

下まぶたにも同じ色のアイシャドウを、目尻から黒目中心くらいまでのせます。

上まぶた、下まぶたともに、目頭側にカラーをのせないことで抜け感が出て優しい印象に。

カラーは必ず目尻側のみです!

アイメイク編_3

アイラインはボルドーかブラウンのペンシルを使用します。

まつ毛とまつ毛の間を埋めるように描いて綿棒でぼかします。

今回はボルドーカラーを使用しています。

アイメイク編_4

ビューラーでまつ毛をしっかり上げて、マスカラは上まつ毛のみにナチュラルに。

瞼が重い方はマスカラをのせ過ぎるとパンダ目になってしまう原因に!気をつけましょう。

アイメイク編_5

チーク・リップ編

チーク、リップともに、肌に近いピンクベージュを使用します。ワントーンメイクにすることで統一感が出て、落ち着いた仕上がりに。

チークは頬の中心から外側に向けてブラシを滑らせます。

チーク・リップ編_1

リップは輪郭をコンシーラーで軽く消してから、口紅をのせます。ピンクベージュの色味が綺麗に出ますよ。

グロスも同じ色みのものか透明グロスを重ねて完成です。

チーク・リップ編_2

一重まぶたの方でも、くすみピンクを使用することで腫れぼったさを抑え、透明感のある洗練された顔に。

『眉のアーチ型』『目頭にはカラーをのせない』『ワントーンメイク』など一重まぶたの方ならではの小技を投入することで優しい抜け感のあるメイクが完成します。

チーク・リップ編_3

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks