梅雨でも崩れない!しっかりナチュラルメイク
梅雨でも崩れない!しっかりナチュラルメイク

梅雨でも崩れない!しっかりナチュラルメイク

雨の日や梅雨時期でも崩れない『しっかりナチュラルメイク』をご紹介します。イエローのアイシャドウを使ってポイントをきかせたメイクです!

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

朝しっかりとメイクをしたつもりでも、皮脂や汗で夕方になるとテカテカ・ドロドロと崩れてしまうのが梅雨のベタベタ肌!

厚塗りはメイク崩れの元なので、下地やパウダーも軽いものを選びましょう。

下地、リキッドファンデーションは乳液やクリームを塗る要領で、両手を使って顔全体にムラなく薄く伸ばしましょう。

リキッド用のブラシがある方は、ブラシを使って手早く付けていきましょう。

ベースメイク編_1

ルースパウダーやパウダリーファンデーションは、出来るだけ皮脂吸着効果のあるものやビタミンC入りのものがオススメです。

大きめのブラシを使って顔全体に薄くふんわりと重ねましょう。

ベースメイク編_2

アイブロウ編

アイブロウは眉が生えている場合はアイブロウパウダーのみで、生えていない場合はアイブロウペンシルで描いていきます。

眉頭は、小鼻の延長線上の位置に。眉山は、正面を向いた時の白目外側の延長線上の位置に。

眉尻は小鼻の脇から目尻を繋いだ延長線上に描きましょう。少しストレート気味に描くのが旬です。

アイブロウ編_1

髪が明るい方はアイブロウマスカラで色を整えましょう。マスカラを左右に振るように塗ると、綺麗に色が付きます。

アイブロウ編_2

アイメイク編①

まず、クリームタイプのアイシャドウベースを付けます。アイホール全体に薄く伸ばしましょう。アイシャドウが落ちにくくなり、持ちが良くなります。

アイメイク編①_1

明るめのベージュのパール入りアイシャドウをアイホール全体に付けます。

アイメイク編①_2

二重幅より少し広めに薄いブラウンのアイシャドウを付けます。

アイメイク編①_3

下まぶたにもクリームタイプのアイシャドウベースを目尻3分の1に付けます。

アイメイク編①_4

アイメイク編②

イエローのアイシャドウを目尻3分の1に入れます。出来るだけ発色のいいものを選びましょう。

アイメイク編②_1

アイラインはペンシルかジェルアイライナーで、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引きます。こげ茶を選びましょう。

アイメイク編②_2

アイラインをアイシャドウでボカします。アイラインと同じような色味のアイシャドウを使いましょう。

アイメイク編②_3

まつ毛はビューラーでしっかりと上げて、マスカラは上下ともたっぷり付けましょう。

アイメイク編②_4

チーク・リップ編

チーク、リップ共に明るめのオレンジ色を使用します。チークは頬骨の一番高い所を基準にして黒目の真下から耳に向かって水平に入れます。

リップはあえてグロスを使わずにリップスティックのみで仕上げます。

チーク・リップ編_1

これで梅雨にも負けない!ビタミンメイクの完成です!

チーク・リップ編_2

ナチュラルながらもイエローでポイントをきかせたメイクです。軽めのベースメイクで梅雨のベタつく季節も崩れ知らず!

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks