モテる女はやっている!お酒の席でのモテ小技!
モテる女はやっている!お酒の席でのモテ小技!

モテる女はやっている!お酒の席でのモテ小技!

歓迎会にお花見、忘年会に結婚式。お酒を楽しむ機会は数多くあります。お酒の席で人は気が緩みがち。その時に、男性の胸をきゅんとさせる小技をさりげなく披露すれば、あなたの評価はぐんとアップします。ここからはモテる女がお酒の席で実践している、好感度を上げるモテ小技をご紹介します。お酒の苦手な女子もザル女子もみんな実践できて、しかも合コンから職場の飲み会まで幅広く使えるテクニックばかりですから、ぜひ参考にしてくださいね。

Pick up
続きを読む
公開日:

モテ小技①:さりげなく仕切るコトをいとわない

お酒の席では人は注意が散漫になりがち。

ビールを豪快に飲んだり、美味しいおつまみをつまんだりしていると、つい料理のとりわけや追加の注文、灰皿の交換や空のジョッキなどの片づけがおろそかになってしまいます。

オーダーや片付けは面倒なものでもありますから、率先して行うと、それだけで異性から「この子は気がきく」、「優しい」と、好意的な感情を持ってもらえます。

そのためお酒の席では「さりげなく自分が仕切る」

これがモテる女が実践している、モテる小技の一つなのです。

席があらかじめ決まっている場合を除いて、最初に店員さんにオーダーを出しやすい席に座ったり、お皿を片付けるスペースを要領よく確保するなりしておけば、物事がスムーズに運びますよ。

周りが楽しんでいる時に自分だけ冷静に同僚、あるいはお友達たちのお皿の状態を見ているなんて苦痛に感じるかもしれませんが、そのわずかの不満をおさえて、周りにいつもよりもうちょっと気遣いを見せるだけで、ぐっとモテる女に近づけますよ。

モテ小技②:聞き役になるコトをいとわない

歓迎会や忘年会など、楽しいイベントの席では下戸も飲み助も、男性も女性もおしゃべりになりやすいもの。普段は物静かなあの人がこんなにしゃべるなんて、と思った経験が一度はあるのではないでしょうか。

合コンや婚活の席はもちろん、職場での飲み会であっても、男性はできれば気を遣わずに、色々な話をして楽しみたいと思っています。

そんな時に一方的にマシンガントークをしてしまえば、相手に気を使わせてしまう上、もしあなたの話題が相手の好みにそわなかった場合、困らせてしまう可能性も。

そこで飲みの席では「聞き役にまわる」

これが重要なポイントになります。

相手の話題があなたの興味を引かないものであれ、相づちをうったり、質問をしたりしましょう。多くの男性は自分に共感してくれたり、興味を示してもらえたりするとうれしく感じます。

男性心理をおさえ、モテる女が心がけている「積極的に聞き役にまわる」姿勢。

ぜひおすすめしたい小技の一つです。

モテ小技③:ネガティブな発言はNG

楽しい飲み会の席で、ついポロっとこぼしがちなもの。

それがネガティブな言葉です。

普段のお仕事や私生活の中で、社会人はどうしても不満やストレスを抱えてしまうもの。

相手からグチを聞かされ、それに合わせるために、ある程度ネガティブな回答をする場合はそれほど相手の気分を害しません。

ただし自分から積極的にベラベラと人の悪口や嫌味を口にしてしまえば、楽しい気分になりたい相手の気分を害してしまう可能性が大です。

お酒の場では大半の男性はネガティブでも下品でもない、好奇心を刺激される話題や笑って話せるもの、あるいは無難な話題を期待しています。

ですからお酒の席では基本的に「ネガティブな発言は控える」

これも男性ウケするモテる小技の一つです。

話題のネタが尽きたら、相手の話しを掘り下げて、普段話さないような意見や本音をひきだしてあげる手も有効です。

お酒の席では最終的にお互い笑顔になれる話題を口にするよう心がけましょう。

モテ小技④:その場の全員と話す

あまりに大規模なものは除いて、複数人でお酒の席に着いた時はできるだけ出席者全員と、一度は言葉を交わしましょう。

気が合うからと、同じ人とばかり話していると、あなたの話し手はもちろん、周りの人にも気を使わせてしまう可能性があります。

さらに飲み会の場合、お酒が飲めない人や弱い人は往々にして気まずい思いをしたり、もっと会話をしたいと思ったりしています。

そのため誰とでも平等に仲良く話す姿を示しておいた方が、特定の人とばかり話すよりも大勢の人、かつ色々なタイプの方から好感を得やすいもの。

そこでモテる小技の4つめはできるだけ「その場の全員と話をする」です。

ただしネガティブなものはもちろん、相手が返答に困るものや、個人的に秘密にしておきたいと思っている事柄はさけましょう。

一対一で話す時とは違い、大勢に聞かれる話題ですから、それなりに笑えるけれども無難なものにしておくと、同性だけでなく異性からの評価も、ぐっと上がりはしても、そうそう下がりはしないものです。

テーマとしては誰かを褒めるものや、飲み会で出された料理の感想、あなたの休日の過ごし方や会社周辺のおすすめスポット情報などはいかがでしょう。

モテ小技⑤:きれいな姿勢を保つ

お酒の席では男女を問わず、素の自分が出がちです。

特に楽しみにしていた席の場合はそれも仕方がないですが、同席者の存在を忘れてはいけません。

気楽な飲み会の場合はあまりにテーブルマナーを気にしてしまえば、むしろ面倒な人と思われてしまいますが、どんな場所でも最低限のマナー、つまり姿勢には気をつけたいもの。

世の大人の男性たちは特に相手の話し方だけでなく、姿勢や仕草もよく見ています。

そのため上司や年配の方と飲みに出かけた時は特に姿勢にも気を配りましょう。

これもまた色々なタイプの男性達に好感を持たれやすい小技の一つであり、モテる女が大切にしているポリシーでもあります。

どんなにセクシーな服で相手にアピールしても、色っぽくアプローチをかけても、だらしなくぐにゃりと曲がった背中では、あなたの魅力は半減です。

背筋をすっと伸ばし、楽しい話題を笑顔で提供すれば、きっと異性の目にあなたは魅力的に映りますよ。

モテ小技⑥:適度にお酒も料理も楽しむ

お酒の先は異性といつもより近づける機会でもあります。

だからといってハメを外して、飲んで騒いで意識喪失・・・・

これでは多くの男性を惹きつける女どころか、引かれてしまう女に。

あなたのためにも周りの人のためにも、さらに言えばお店のためにも、アルコールやお料理は「適度に楽しむ」

これがモテる小技の一つであり、醜態をさらさないために重要なポイントでもあります。

あなたがお酒の飲める女性であれば、どうぞほろ酔い程度に「とどめておいて」くださいね。

これもまた重要なポイントですが、飲み会の席ではあまりに我慢する必要はありません。

呑みたいけど、食べたいけど、少しでも良い印象を持ってもらうためにはガマン、との考えもやはりおすすめできません。というのも多くの男性は楽しく食べて飲んでいる女性の姿を魅力的に思うものだからです。

大好きなビールや焼酎、カクテルを口にしなかったり、いつもは飲まないワインを無理に飲んだりする姿はあまり魅力的とは言えません。

この点も踏まえると、飲み会では楽しむけれども、理性も失わない。

この姿勢がお酒の席では重要と言えます。

モテ小技⑦:隙を作り出す

さて、先に「理性も失わない」点が重要とお伝えしました。

が、あまりに理性的ですと、異性に堅苦しい印象を与え、敬遠されてしまいます。

いやらしくない、ごく普通の男性でも、あるていど隙のある女性の方がツン要素しかない女性よりも好感を持たれます。

そのため「相手にあなたに近づく隙を与える」

これがモテるためには重要な小技の一つであり、華やかな恋愛を楽しむモテる女に共通する行動でもあります。

この記事の前半にネガティブな発言は「控えるべし」とお伝えしました。往々にして悪い印象を相手に与えがちなネガティブな発言ですが、実は時と場合により男性に対し、隙を作り出せます。

例えばお酒に酔っているフリをして弱音を吐く、本音と断った上でネガティブな感情を少しだけ口に出す。

さりげなくボディタッチをする、びしっと決めたスーツや服を着ているのなら、少し上着をゆるめるなどが有効です。

これだけで世の男性達はあなたに親近感を持ったり、気軽に接するチャンスを無意識のうちに感じ取ったりします。

これはあなたが完璧なイメージやお堅い印象を持たれているほどに効果を発揮するテクニックでもあります。

飲み会の席を少しでも有意義なものにするためにも、積極的に、ですがあくまで過剰にならない程度に相手に取り付く島を与えましょう。

モテ小技⑧:仕草でやんわり魅力をふりまく

前回お伝えした動作、さりげないボディタッチ。

ささいな動作や仕草でも、気が緩んだお酒の席では普段より色っぽく、あるいは魅力的に見えるもの。美しい姿勢をキープしたい理由もここにあります。

あまりに大げさな仕草や動作では同性だけでなく異性にも引かれてしまいますので、ささいな動きで「やんわり魅力をふりまく」

これがお酒の席で有効なモテる小技の一つとなります。

なお大勢の男性達からモテる女がお酒の席で自然に実行している小技は多種多様。

ここではごく一部をご紹介します。

・時折、相手をチラ見。

・相手の目を見て話す。

・周りが騒がしい場合は時に相手の耳元で話す。大声ばかりださない。

・物を食べている時に発言を求められた時は口元に手を添えてから話す。

・正しいハシの持ち方をし、迷い箸などをしない。

・豪快なくしゃみやセキをしない。

このようにモテる小技の中には異性を意識したものから、ごく当たり前に思えるものまで幅広くあります。

ですからまずはご自分の実行しやすいものを選んで行ってみてくださいね。

無理なく、さりげなく行う、あなたにも相手にも負担をかけないテクニック。

それがここまでご紹介した小技の特徴であり、大切にしてほしいポイントでもあります。

まとめ

有効なテクニックを使いこなせるオンナが男を制す、との意見があります。

知識や情報はたくさんもっていても実行できなかったり、いつも遠慮がちだったりしては宝の持ち腐れであり、確かに誰も攻略できませんから、一理ある言葉と言えます。

今回ご紹介したテクニックはほんの少し意識して、ほんの少し勇気を出せば、どこでも誰でも実行できるものばかりです。

一度にすべてが難しい場合はちょっとずつで十分です。少しずつでもまずは「実行する」

これが何より大切なのです。

ただしわざとらしかったり、おしつけがましくなったりしないよう、どんな席でもあくまでさりげなくを心掛けてくださいね。

あなたの成功をお祈りしています。

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    Hot Topicks