最小限の道具で出来る!メイク初心者さんのためのナチュラルメイク♪
最小限の道具で出来る!メイク初心者さんのためのナチュラルメイク♪

最小限の道具で出来る!メイク初心者さんのためのナチュラルメイク♪

基本のメイク道具しか使っていないので、簡単に、時間をかけずに可愛くなれちゃいます!制服にも、私服にも、どんなシーンでも使えるメイクです!

Pick up
続きを読む
公開日:

ベースメイク編

ベースメイクは素肌のようなナチュラルマットな肌に仕上げます。

色付きの下地を手に取り、少し温めてから、顔の中心から外側へ馴染ませましょう。

顔全体に付けたら、ティッシュやスポンジなどで、軽く下地の油分や水分を取り除きましょう。

この時、強く当て過ぎないのがポイントです!

テッシュは軽く肌に被せて押さえる程度。スポンジはトントン叩く程度にしましょう。

ベースメイク編_1

パウダリーファンデーション(固形ファンデーション)をスポンジで付けます。

ファンデーションに付属されているスポンジでも構いません。

顔の中心から外側に向けて付けていきましょう。

なるべく 少量を力を入れずに馴染ませるとムラなく綺麗に付けれます。

ベースメイク編_2

アイブロウ編

アイブロウは、パウダーのみで仕上げます。

眉山は、白目の外側の延長線上に、眉頭は小鼻の脇の延長線上に描きます。

眉山から描き始めて、徐々に眉頭の方に向けてパウダーを付けていきます。

眉頭から描き始めてしまうと不自然な眉に仕上がってしまいます。

アイブロウ編_1

髪の毛が明るい方は、アイブロウマスカラを使用しましょう。

左右に細かくブラシを動かして、しっかり眉全体に付くようにしましょう。

アイブロウ編_2

アイメイク編①

アイホール全体に明るいアイボリー系のアイシャドウをのせます。

パール入りの立体的に仕上がります。

方がまぶたが厚い方は、マットめの物がオススメです。

アイメイク編①_1

ブラウンベージュのアイシャドウを目尻から黒目半分くらいまでのせましょう。

アイシャドウの縦幅は目を開けたときに少し出るくらいが理想です。

目頭側に色をのせないことで抜け感が出て、ブラウンが重たく見えません。

アイメイク編①_2

下まぶたの目尻に、ブラウンベージュのアイシャドウを3分の1程度付けます。

上まぶたに塗った色と同じで構いません。

アイメイク編①_3

目頭に、アイホールで使ったアイボリーのアイシャドウを付けます。

アイメイク編①_4

アイメイク編②

アイラインはペンシルを使い、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにして引きます。

ブラック、ブラウン、どちらでも構いません。

アイメイク編②_1

アイラインに近い色のアイシャドウを使ってぼかします。

ラインの上をなぞるように目尻から目頭に向かって付けていきます。

アイメイク編②_2

下まぶたに、アイラインを引いたペンシルを使い、まつ毛風にちょんちょんと太過ぎず、長過ぎない様に4本くらい描いていきます。

アイメイク編②_3

マスカラを上下にたっぷりと付けましょう。

何度か重ねるとボリュームが出てきます。

アイメイク編②_4

チーク・リップ編

コーラルピンクのチークを使用します。

ニコッと笑った時に、頬が一番高くなる部分にブラシを置いて、耳の穴を目指してブラシを動かしましょう。

チーク・リップ編_1

2、3回に分けて少量ずつ付けます。

濃くならない様に気を付けましょう。

チーク・リップ編_2

リップはヌーディーなピンクベージュのグロスのみで仕上げます。中央にたっぷり重ねたら…

チーク・リップ編_3

可憐で優しい愛されナチュラルメイクの出来上がり!

チーク・リップ編_4

基本のメイク道具しか使っていないので、簡単に、時間をかけずに可愛くなれちゃいます!

制服にも、私服にも、どんなシーンでも使えるメイクです!

注目の記事

オススメの新着記事

カテゴリランキング

総合ランキング

関連キーワード

    関連カテゴリー

    Hot Topicks